かんちがいセレブ日記

Welcome to my blog

『BG~身辺警護人~』第3話

意味不明でした。

だから高所恐怖症だと言ったのに~うぇ~~


突然に橋のシーン。
キムタクはなぜあのかばんを欄干に置いたのか。
なぜ体を張ってまで、にせかばんを救ったのか。
いつのまに欄干に手錠をかけたのか。
さらに、いつのまに手錠をはずしたのか。

ワル仲間も、ワル男ももう少しで成功するところなのに(にせかばんですが)、なぜあの時点で女優にバラしたのか。

それもこれも犯人をおびき寄せるためってことで正解?

いやいや、キムタクのためにカッコいいシーンを作りたかったから……で正解!

映画「ジェーン・エア」

タイトルは知っているのですが、恥ずかしながら内容はまったく知りませんでした。

どれも絵画のようなシーンばかり。
簡単に言うと、家庭教師の女性とそこの主人との恋愛です。

ふ~ん、そうですか。
というくらいの印象なのですが、当時としては、かなり自己主張の強い女性が主人公であるところが、人気の秘密だったのではないでしょうか。

エア

独身だと思っていたご主人が、家の奥に妻を囲っていた?
途中、ミステリー臭が漂っていてわくわくさせられます。

ま、真実の愛とはなんぞや、てなもんですが、ラストはな、な、なんと「冬のソナタ」ではあ~りませんか。
パクった?

ここのところヒット作に出会えず、先日は、過去に観た「SAW」をhuluで観ておりました。
しかし、オチがわかっていたので面白さは半減。

最近、観始めたものの途中リタイアが続いている中、「ジェーン・エア」はラストまで飽きずに楽しめた作品でした。
イギリスの景色もステキです。

『BG~身辺警護人~』第2話

今クールどれもイマイチで、いまのところはまれるドラマはありません。

さあ、観よう! と録画したのを観始めたものの、途中からパソコンをいじり出してしまいます。

「隣の~」より、キムタクの「BG」ほうが、ツッコミながら観るので面白いかも。
それにしてもどうしてあれほど背の高い俳優ばかりを集めたのでしょう。
キムタクだって小さいわけではないのに、菜々緒であれですから、それですわ、はい。

そういえば、ジュエリードレッサー賞の受賞者が並んでいるシーンで菜々緒のスタイルの良さといったら。
長身の浅野ゆう子が遼河はるひの横で目立たない目立たない。
あの派手な浅丘ルリ子でさえ、一番小さくて気づかないほどでした。

というわけで、周りが長身ばかりでは気の毒なのです。
だれでも、捕らわれた宇宙人状態にだけはなりたくないでしょう。

大塚寧々がえらい老けたなあ、とか、仲間の夫がえらい太ったなあ、とか、そんなことばかりが目につくということは、ドラマに集中していない証拠ですね。

キムタクが「うちら」と言うのは脚本がそうだから?
「うちら」はやめて~

うちら陽気なかしまし娘~♪ が浮かんでは消え、消えては浮かび……
古っ!

京都でランチ「東山Touzan」

ハイアットリージェンシー京都の地階にある日本料理のお店「東山」へ行ってきました。
パークホテルのころは仕事でよく行っていたのですが、リニューアルしてからは初めての訪問です。

広い、とにかく広い。
ホテル自体、無駄なスペースが多くて驚きました。
レストランもかなり広く、個室やらカウンターやらがあちこちにいっぱい。
お客さんはちらほらでした。

席からはよく手入れされた日本庭園が見えます


揚げ胡麻豆腐 味も色も濃いめ
IMG_3978.jpg

前菜
IMG_1975.jpg

お椀 金時人参真丈が美味
FullSizeRender_20180120205435969.jpg

造り 三種が氷の上に
FullSizeRender(1)_2018012020540098b.jpg

さわらの幽庵焼き
FullSizeRender(2)_20180120205401b1e.jpg

温物 大根、壬生菜、こんにゃくのゆず味噌
FullSizeRender(3)_201801202054028e1.jpg

豚味噌、味噌汁、漬物  豚味噌でご飯が進みます
FullSizeRender(4)_20180120205404f2a.jpg

いちごとキウイのゼリー
FullSizeRender(5)_201801202054057cb.jpg

こちらのお料理、通常5108円のコースですが、一休のお年玉セール「おまかせ十品」ドリンクつきで3500円でした。(税、サービス料込み)
ただし現在はありません(4000円になっています)

なぜか、コートは預かってもらえず、出されたイスの上に置く事になり、ちとびっくり。
サービスは特別愛想がいいわけでもなく、かといって無愛想でもなく、あっさりとしたものでした。

写真のイスのデザインにピンと来ず、ずっとスルーしていたのですが、今回和食を食べたくなって利用することにしました。

レストラン内がかなり広く、となりのテーブルとの間隔も十分あるので、ゆっくりと食事することができます。

お料理は無難。
可もなく不可もなくというところでしょうか。
けれどお腹いっぱいになり満足しました。

くわしくはこちらをどうぞ→ 東山 Touzan

『隣の家族は青く見える』『BG~身辺警護人~』第1話

今回の冬ドラマ、どれもイマイチの中、唯一楽しみにしていたのがこれ。

う~ん、まあまあというところでしょうか。

眞島秀和と平山浩行のタイプがかぶってしまって、ときどきわからなくなりました。
どっちがゲイでどっちがバツいち?

そして、マウンティングする嫁といじめられる夫。
不妊治療をする主人公夫婦。

4家族の住むコーポラティブハウスのお話です。
そういえば京都のコーポラティブハウスはもっと大型で、できた当時は最先端のおしゃれな建物でした。
4家族の規模では、無理に仲良くしなくてはならないみたいで、ちと辛いものがあります。

突然のミスチルに???
合わないやないか~い!

『BG~身辺警護人~』第1話

よくある設定で、内容も特にめずらしくはなかったのですが、俳優陣は贅沢でした。

キムタク、老けたなあ、という印象。
というか、若いころのシーンで前髪を下ろしていたけれど、あのヘアスタイルは逆に老けを強調するのでやめたほうがいい。
以前、江口洋介も老けたと思っていたのですが、キムタクと並ぶとまだ若いような気がします。

やはり日焼けでお肌の老化が早くなっているのでしょうか。
といっても、一般人の45歳とは比べ物にならないほど若いのですが。

1話完結なので、暇なときに観る程度になりそう。
About this site
Welcome to Madam.Kanna's Salon. ドラマ・音楽・グルメついでに整形とヅラ・・・ あわてんとゆっくりしていっておくれやす。
About me
京都生まれの京都育ち。
バラエティとドラマが好きな京女どす。
"セレブ"とは全く関係ございません。