かんちがいセレブ日記

Welcome to my blog

『高嶺の花』第9話

今回も大変気持ち悪く観させていただきました~~満足、満足

ぷーさん、すべてお見通し設定、やめてくれっ!
あのニーッとくちびるの伸びる笑顔に腹が立つ。

で、運転手。
今の今まで父親であることを隠していたのに、自分からバラすんかいっ!
口、軽っ!

ももと香里奈の口の悪さったといったら、ヤンキーならまだしも、あの育ちではありえない。

つまり、あっちの自分? を取り戻すのに、好きでもない人となんちゃらして、罪の意識を感じて、それが芸術を高める……やったかな。
意味不明を通り越して、アホ?

そもそも、ももを家元にする気のない父親が、なぜ百恵ちゃん息子との結婚の邪魔をした?
ちゃんと観ていなかったからか、邪魔する意味もわからないのですが、このあたりの流れが今も不明のままです。
で、百恵ちゃん息子はどこへ消えた?
あちらは終了?

店で男にからまれ、外で殴られてごみの中に倒れこむシーン。
古いっ、すべてが古すぎるっ!

「半分、青い。」といい「高嶺の花」といい、有名脚本家も年をとるとセンスが後退してしまうのでしょうか。
けれど、どちらもしっかり楽しませてもらっています。


「義母と娘のブルース」

こちらは脚本のよさと、綾瀬はるかの演技力で、気持ちよく観ることができます。
「半分、青い。」では頭のよい佐藤健ですが、こちらでは少々頭の悪い設定。
とはいっても、こちらのほうがずっと生き生きと描かれていて魅力的です。

Comments 0

Leave a reply

About this site
Welcome to Madam.Kanna's Salon. ドラマ・音楽・グルメついでに整形とヅラ・・・ あわてんとゆっくりしていっておくれやす。
About me
京都生まれの京都育ち。
バラエティとドラマが好きな京女どす。
"セレブ"とは全く関係ございません。