かんちがいセレブ日記

Welcome to my blog

『高嶺の花』第7話

先週は「おセンチ」でしたが、今週は、で、で、でました~っ!

「おたわむれを」だって。

大奥かっ!!

レストランでのふたりの会話が意味不明。
というか、ストーリーが意味不明。
家元はいったい何をしたいのか。

で、毎回登場する千葉雄大の裸のシーン。
ほそマッチョならぬ、ほそポッチャリ? 毎回毎回いらんわ。

人の顔をあれこれ言うのも失礼な話なのですが、プーさんの顔は慣れてきたとはいうものの、横から見て突き出た口元のラインがなあ……いや、別にその他大勢の中のひとりなら全然かまわないのですけどね。

そして、気持ち悪いといえば、紗のかかったプーさんの母親十朱幸代
品のないしゃべり方、そして話の内容。
いちいちそれを思い出して、現実と比べるプーさん。

そこまで気持ち悪いのなら観なければいいけれど、ホラーを観る感覚と同じで、観方を変えれば面白いのです、はい。


「義母と娘のブルース」

いいではありませんか。
これが「半分、青い。」に出ている佐藤健と同一人物とは思えません。
母親の笑い声を手でつかんだり、空に向かってエアシュートしたりと、さむい演出とやる気のない表情が続く中、こちらのドラマでは生き生きとして別人のよう。

これまでNHKの連続テレビ小説は観たことがなかったのですが、現在視聴中。
かなり現在に近づいているのに、セットも衣装も昭和の雰囲気でダサい。
ストーリーもツッコミどころ満載で結構楽しんでいます。

Comments 0

Leave a reply

About this site
Welcome to Madam.Kanna's Salon. ドラマ・音楽・グルメついでに整形とヅラ・・・ あわてんとゆっくりしていっておくれやす。
About me
京都生まれの京都育ち。
バラエティとドラマが好きな京女どす。
"セレブ"とは全く関係ございません。