かんちがいセレブ日記

Welcome to my blog

『黒革の手帖』第8話(最終話)

面白かった~
展開が早く、最後まで飽きることなく観られました。

とにかく武井咲が美しい。
初めて彼女を見たのは、確か天海祐希の娘役。水着姿だった記憶が……
なんてきれいな子なんだろう、と思いました。
ドラマによってここまで変われるとは……今回のドラマは彼女の代表作になりました。

和服姿も着付けがうまいのか、貫禄があるように見えます。
和服にイヤリング、まさに下品でお水っぽい。
あれをすると一気に品がなくなるんですよねえ。

今回のドラマのラストは原作とは違う?

昔観たこのドラマでめちゃくちゃ印象に残っていたのがラストシーンです。
確か産婦人科の病院のベッドの上で……

キャ~~ッ!!

何されるの~?!
今回の逮捕なんて、まだまだ甘いかも~

高嶋政伸の気持ち悪さは天下一品。
「入学式」「愛の偏差値」など名言オンパレードでした。

Comments 2

さっちん  
No title

武井の美しさは認めますが、もう少し彼女の表情が豊かなら、もっと良い作品になったと思います。
原作がしっかりしたものなので、安心して観られましたが・・・

最初に突っ込んでいた、手帳の文字。
最終回では、字が少しましに変わっていたような?
いやいや、それはないでしょう。きっと見慣れたのかな・とまた、文字に突っ込んでしまいました。

最後の二人のニヤリ顔は、良かったです。

2017/09/15 (Fri) 10:07 | EDIT | REPLY |   
kanna">
kanna  
さっちん様

そういえばあの字、少しましになっていたような気もします。
めちゃくちゃ若いママの設定だから、あの字でOKなのかもしれませんね。

周りが演技派ばかりで安心して観ることができました。
古臭いところはあるけど、ドラマらしいドラマでしたね。

2017/09/16 (Sat) 07:58 | EDIT | kannaさん">REPLY |   

Leave a reply

About this site
Welcome to Madam.Kanna's Salon. ドラマ・音楽・グルメついでに整形とヅラ・・・ あわてんとゆっくりしていっておくれやす。
About me
京都生まれの京都育ち。
バラエティとドラマが好きな京女どす。
"セレブ"とは全く関係ございません。