後半は2月ということで、しばらくお休みです。

シーズン7に入ってからは、ストレスがたまりまくりでリタイアしそうになっていました。
どいつもこいつも勝手な行動をとって、つかまり、えらい目にあう。
ストーリーは毎回ひとりに焦点をあてているものだから、話が進まない。
おまけに、ニーガンにやられっぱなしで、ちっともスッキリ感かない。

それもこれも、第8話の感動的なシーンにつなげるためだったのね。
リックとダリルのご対面には不覚にも涙が……
やはり、そうこなくっちゃ。

もはや敵はウォーカーではなく、ニーガンという男。
大昔の地球上でも最初はこのような戦いから始まったのね。
話し合いなどできる相手ではない。
生きるために戦うのです。

さあ、みんな立ち上がろう!
あんな男、ちゃっちゃと殺してしまいましょう!

これまでだって殺すチャンスは何度もあったけれど、やっと行動を起こしたものの弾がはずれるというお粗末な結末に。
残念っ!
失敗するとこれまた後が怖い。
今思えば、総督など、ニーガンに比べるとかわいいものでした。

腰をくねくね、ヘビ男ニーガンは意外にセクシー。
セクシーといえば、ダリル、あの状態で太るか?
おまけに汚い。残念!
海外ドラマ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示