難文

2016/09/09 Fri 

「老いてゆく身を朝日に透かして、鎮まったこころで、ある「納得」の境地を拓いたつもりが、生ぬるい残り湯に浸かってむらむらと体が揺れ、承認しがたいせつなさと、恥ずかしさと、怒りのようなものがこ込みあげてきた。」(わりなき恋)

むむむ、読みにくい。

「そんなことを訊くのは、噴火する火山のように、灼熱の勢いで笙子に流れ込んでくる九鬼の熱情に対してあまりにも心ない、いじましい行為に思えた。」(わりなき恋)

むむむ……難しい。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示