小龍包で有名な台湾の店「鼎泰豐ディンタイフォン」に行ってきました。
高島屋の三階にあります。

今回はランチではなくディナーなので、それぞれ単品を注文しました。
混雑する土日なのに、待ち時間なしに入れてラッキー。

最近、流行っている小龍包は、ジュワッと熱い汁が出てくる瞬間が醍醐味です。
用心してすすったのに、それほど熱くない。
もっと熱々にしてください。
IMG_6622.jpg

えびマヨ。
こちらのほうが熱くてホクホク。
大きいわりにえびが小さく、衣が多い。
けれど、とても美味しい!
IMG_6623.jpg

えび炒飯と豚炒飯。
ぷりぷりのえびに食欲も進みます。
IMG_6625.jpg

デザートの杏仁豆腐。
プレーン、マンゴー、りんご
IMG_6626.jpg

小龍包 560円(4個)
エビマヨ 800円
炒飯 1000円
(注 : だいたいの値段です)
ジャスミンティーはポットごと持ってこられ、お代わり自由でお得感があります。

だんだんと混んできて、入り口の待合席は満席。
ゆっくりとしていたのですが、最後はそれとなく追い立てるようにされたので、仕方なく出てきました。
どこで知るのか、外国人のお客さんが多かったな。

店の中は適度ににぎやかで、それなりに台湾の雰囲気を味わえました。

くわしくはこちらをどうぞ→鼎泰豐ディンタイフォン
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示