京都市のおとなり長岡京市にある「いっぷく亭」にタケノコ料理を食べに行きました。
この周辺はタケノコの産地です。

光明寺のすぐそば。
駐車場は光明寺の参拝者用と共有です。

白子竹の子重膳(HPからお借りしました)
menu_img02.jpg

こちらのお膳は4600円(税別)
到着するとすぐにお料理すべてが並べられました。

木ノ芽和え、土佐煮、胡麻豆腐、天ぷら、タケノコ刺身、時雨煮、出巻玉子やえびなど。
とにかくタケノコづくしです。
それぞれがおいしく、特に熱々の天ぷらは絶品でした。
ただ、タケノコ御飯と若竹の吸物は後出しにしてほしかった。

畳にテーブル席の個室。
なぜかうす暗い。

店名と建物がそば屋? という感じなので、参拝者が軽く昼食をと思って入ると驚くかもしれません。

長岡天満宮の錦水亭も候補にあげていたのですが、評判を聞いてこちらにしました。

店名とロゴがイマイチかな。
ほっといてくれってか。
ですよね。

くわしくはこちらをどうぞ→ いっぷく亭
グルメ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
 我が家でも、やっとタケノコが食卓に上がるようになりました。というのも、裏山のイノシシが最初食い荒らして、そのオコボレを人間様が頂くというのがここ何年かの現状だからです。
さすがのイノシシ様も毎日のタケノコでは飽きるのでしょう。

「いっぷく亭」のお上品なお料理。家でのタケノコ料理とはエライ違いです。行ってみたいナ。

 私の家でのお気に入りは、タケノコご飯に花山椒のさっと炊いたの(これも庭で採ったもの)をふりかけて・・・
ああ、たまりません!!!
sattindollさま
竹林をお持ちだなんてすごい!
ぜいたくなイノシシですね。
消化悪いぞ(笑)

タケノコ料理はめんどくさい、というのが先にたってなかなかできません。
マツタケとは違って、意外に安いのになぜか高級感がありますよね。
季節のものだからでしょうか。

あ、花山椒のいい香りが……

管理者のみに表示