『嵐の涙』

2016/02/09 Tue 

最後の昼ドラがこれ。
ストーリーがめちゃくちゃな「牡丹と薔薇」は、はじめから覚悟があったので納得でした。

が、こちらのドラマはツッコミどころが満載。
脚本がめちゃくちゃ。
だれもかれも演技が下手。

子役の子は張り切りすぎ。
主演の佐藤はもう少しましかと思っていたのですが、目をうるませるばかりで悲しみが伝わってこない。
昨日の盲目のお嬢様エンクミには、ながら見でありながら思わず釘付けになってしまいました。

目、より過ぎっ!

そして「かぐらや」の女将の野際さんが登場。
これからも、過去の昼ドラ出演者が次々と出てくるのでしょうか。

ストーリーがなんだか昭和のマンガみたいです。

残念っ!!

いや、逆に面白いかも。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示