ドラマがほとんど終わり、残すところ「天皇の料理番」「美女と男子」「ちゃんぽん食べたか」になってしまいました。
どれも面白い!

そんな寂しい中、久しぶりの「24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ」で、あのはまった日々がよみがえってまいりました。

舞台はロンドン、オブライエンはロッカーのようないでたち(似合わんなあ)
そして24時間ではなく、12時間リアルタイムのストーリーです。

久々ですが、改めてクオリティの高さに感心します。
BGM、カメラワーク、ストーリー展開、
最終シーズンまで観ているので、慣れてしまい、たいていのことには驚かないのですが、マンネリといってもやはりすごいの一言に尽きます。



出演者全員、頭がよ過ぎ。
どれだけ回転が速いのでしょう。
もしこんなところに入ったら、もたもたするばかりで即仲間に撃ち殺されますね。

邪魔っ!!って。
海外ドラマ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示