『ようこそ、わが家へ』第10話(最終回)

予告にだまされました。

母親の不倫、アスカの復讐、恋人のように写っていたネックレスの男。
関係なし!

ニット帽の男の横顔を見て、カピバラ? 
正面から見ても最初だれだかわかりませんでした。

犯人が初登場だなんて、映画「スクリーム」の3か4か忘れたけれど、「あんただれ?」となったときよりまだひどい。
そりゃ、わからないはずです。

父親の会社は全然関係なかったのですね。
図式にも興味ないし、不正もまたか、という感じ。
頭を下げただけの真瀬部長。
さすがに土下座はしなかったのね。

ねちゃねちゃした話し方のお母さんにイライラ、言い返せないお父さんにイライラ、殴られたのに犯人に会いに行ってまた逃げられる主人公にイライラ。
そんな楽しいイライラもすっきり。

ラストのシーンはお遊びですね。
映画「ラストサマー」のようで面白かったわ。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示