『マザー・ゲーム』第7話

教育が大事なのはわかるけど、小学校受験させるのは無理でしょ。

その理由が、今まで我慢ばかりしていた息子が初めて自分からやりたいと言い出したからとか。
実験を見ただけで?
子どもは何もわかっちゃいないのに、そこで受験を決意するかなあ。
ほんとに賢い子なら公立コースから国立大で十分だと思うけど。

まあ、ドラマ的には受験する方向に持っていきたいのはわかるけど。
現実的にみて、最初の一年はなんとかできても、私立で16年間の学費は続かないのでは?

そしてようやく本領発揮マリエさん。
いやん、こわいわあ。

『美女と男子』第7回

脚本がしっかりしているのか、突っ込むところもなく、安心して観られるドラマです。

自分の夫と妹がそういう関係になるなんて、かなり衝撃的。
主人公が我慢せず言いたいことを言うので観ていてスカッとします。
まさかのちゃぶ台返しには驚きましたが。

「アルジャーノン」では製薬会社の社長をしているのに、こちらではボケたお父さん役の 中原丈雄
娘の夫を殴るところも見事だったし、そのあとすぐにつまみ食いしているところもなかなかシュールでした。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示