『同窓生』第10話

なるほど、そういうことだったのか。
「女は手に職をつけろ! 資格を取れ! そうすれば離婚しようが未婚の母になろうが、人生なにも憂うものなし」
名言や~

いやいやほんと、楽しませていただきました。

彼女たちはそれぞれ薬局と美容院の経営者になったということですね。
小さな店でちまちまとやっているのならまだ納得できるのですが、いったいあれはなんですか。
大成功ではないですか。

医者になるから離婚してと言ったものの、けなげな妻にほだされ別れることのできなかった優柔不断な男。
結婚しないで大成功!

親のお金で手切れ金を出す男。
強いんだか、弱いんだか。

アメリカで暮らす家を探しに行ったのに戻ると消えているアケヒ。
「私を探さないで」と言ったけれど、五年後、見つかっちゃった♪ エヘッ
それ、学校へダッシュ!
「ケンタ、どこ? どこにいるの? 私、来たわよ。今ここにいるの~!」
そこで、後ろから「手を上げろ」

いやもう、笑っちゃいます。
やっぱりマンガですね。

楽しませていただきました。
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
手に職をつけてバリバリ働く女性っていうのが、またまたバブル時代っぽくて、ダッサ~~って感じでした。
まあ、偉いんですけどね。
アケヒったらドタキャンするんだったら、もっと遠くに逃げればいいのに。チュートハンパでイラッとします。ケンタのカリアゲ、サザエさんのタラちゃんみたいですね。スーツにカリアゲの男に抱きしめられてる姿はあまり羨ましくありませんでした。
まあ、無事に終わってめでたし、めでたし・・・でしたね!!
えんえん様
中学校へ走っていける距離だったとは驚きました。
アケヒのキャラなら、姿は隠すけれど見つけてほしかったのでしょう。
ケンタは元フッァションモデルとは思えないくらいダサい格好。
気の毒でした。

それにしても録画をストップして確認しましたが手切れ金3500万円とは。
多すぎですね。

なにもかもがヘンテコなドラマで楽しませていただきました。

管理者のみに表示