NHKドラマ10『聖女』第3話

若い人はいいですね。
ガラス越しに手と手を合わせるその手が美しい。

そして、永山絢斗、だまされたらアカンよ。
あれは偽りの涙ですよ。
夏休みに家庭教師をしたくらいで「愛してた」はいくらなんでも言いすぎでしょう。
「好きだった」なら理解できますが……。

娼婦の母親はろくでもない女かと思っていたら、娘にだけは普通に愛情を注いでいたのね。
娘に男の相手をさせていたという予想は裏切られました。

今後、引きこもりの兄がどう出てくるのか期待できます。
弟への嫉妬で、家族を地獄へ引きずり込むのか。
広末に関して何か知っていることがあるのか。
なまじ頭がいいだけに恐ろしや~

で、聖女か悪女か。
もちろん悪女でしょう。
だまされへんで~
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示