『同窓生』第6話

2014/08/16 Sat 

『同窓生』第6話

いやはや、別の意味でおもしろい。
「家族狩り」も「昼顔」も面白いのですが、『同窓生』のほうが、記事を書く意欲がわくというものです。

公園で「もう会わない」と言っておきながら、キスする稲森いずみ
で、それに驚いた井浦新が、そうくるなら、とこちらから迫ると、イヤイヤするように逃げる女。

で、別れる決心をしたのに、那須までやってきた彼に、涙浮かべて抱きつく女。

おいおいおいおいおいおい~っ!!
別れるんとちゃうんかい!

お~っと失礼、興奮してしまいました~
男を翻弄させる悪女ですね。

子どものことをほったらかして、朝帰り。
いやいやいやいやい、ないないないないない。
普通の夫でもキレそうなことをやっているのに、DV夫を持ちながら何度も何度も子どもを放りっぱなしでお出かけ。
案外、あけひは図太い神経の持ち主なのかもしれません。

那須へ出かけるエピソードもなんだか使い古されていますね。
ひょっとしてネタ切れでしょうか。

もう一組のカップルも全然興味がわきません。
「ファーストクラス」ではステキな編集長だったのに、ここまで魅力がなくなるなんて、さすが女優さんです。

新はいい年して、いつまでオドオドしとるんじゃい!

あら、また……地が……。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示