HULU『エルム街の悪夢』(2010)を観ました。

R18指定なので、楽しみだったのですが、それほどでもありません。
「ウォーキング・デッド」で慣れたせいでしょうか、これのどこがR指定? てな感じ。

昔観た印象では、ものすご~く怖くて、いてもたってもいられなかったような覚えが……

この映画に関してはあっさりとしており、もりあがりもなく終了。
人気キャラであるフレディも魅力がありませんでした。

音で驚かすことが多く、予防線にボリュームをしぼったせいで、迫力がイマイチだったのでしょう。
まあ、こちらの責任もないことはないのですが。
けど、しょうもないところで、音だけ大きくするって……
腹立つわ~



テレビドラマ「アンダー・ザ・ドーム」もイマイチ。
脚本が悪いのか、演出が悪いのか、納得できないことばかり。
登場人物も魅力がない。

「ブレイキング・バッド」や「ウォーキング・デッド」が、いかに優れているかを改めて感じました。
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示