映画『シャロウ・グレイブ』

二十年前とは思えない斬新でおしゃれな映像。
内容はえげつないのですが、どこかさわやか。
ちっとも暗くならないのは、音楽のせいかもしれなせん。
ラストの「ハッピーハート」などは、シーンとのギャップがおかしくて笑いがこみあげます。

ユアン・マクレガーが若すぎて、最初どこにいるのか気づきませんでした。

Shallow_Grave.jpeg

ルームメイトを募集したところ、そのひとりから大金が転がり込み、友人関係が揺れ動く話。
死体をバラバラに切り刻んだり、リンチ(水攻め、冷凍攻め)のシーンをがまんすれば、サスペンス好きは結構楽しめるのではないでしょうか。

お金の取り合いという単純なストーリーなのですが、とても上手く作られていて芸術的に見えます。

時代設定はどうなっているのでしょう。
ダイアル式の電話やオフィスにパソコンがないあたり、当時より古いのかもしれません。

久々にヒットでした。
やっぱりホラーやサスペンスは好きですね。
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示