映画『デーヴ』

2014/01/31 Fri 

fuluで『デーヴ』を観ました。

ベタといえばベタですが、ストーリーは勧善懲悪でわかりやすく、最後まで楽しめました。
やっぱり、一般的にはこういういい話が好まれるのですね。
☆もたくさんついてるし……

病に倒れたアメリカ大統領のかわりに、そっくりさんが身代わりになるというコメディ。

最後の最後に回収もあって(ここもベタですが)、ずっとあきずに観られました。


デーヴ

つまらないと途中で観るのをやめたり、最後まで観たものの「この時間泥棒! 無駄にした時間を返せ!」と悪態つくこともしばしば。
最近の映画は、難しくて意味のわからないものもたくさんあるし……

この映画にかぎっては、気持ちよくエンディングを迎えられ、ほのぼのとした気分にさせてくれました。

やっぱりなあ。
わかりやすくて、ハッピーエンドがいいのかなあ……

というのも、私事ですが、私の書く小説の場合、ほとんどがハッピーエンドではありません。
ハッピーエンドにすると、なんか気恥ずかしいというか、あざとい気がして、バッドエンドもしくはまだ続きそうな終わり方になってしまいます。

読後感、めちゃくちゃ悪いし。
だめだな、こりゃ。
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示