NHKドラマ10『紙の月』第3回

いやあ、今回はドキドキしました。
案外早くバレたと思ったら、夢でしたね。

それにしても、すごいハラハラ感。サスペンスだわあ。

真面目そうな原田知世があんな大胆なことをするなんて、ギャップがいいのでしょうね。

大学生も、もともとだましてやろうとは思っていなかったようでした。
お金持ちの奥さんだから、出してくれるだろう、という甘えがどんどんエスカレートして、原田もそれに応えることで満足するというギブアンドテイクの関係ね。

だから、大学生にそれほど魅力がなくてもよかったということでしょうか。
う~ん、彼の顔がバタくさくていけません。
(お姉さんによく似ているな)


紙の月紙の月
(2012/03/15)
角田 光代

商品詳細を見る


幸せ一家だと思っていた水野真紀の家でも、なんやらほころびが。
夫の浮気や子どもの不満。
節約しすぎで、問題あり!
将来必要なときのために節約って……
ピアノは子どもが習いたいと言ったときに習わせてやらなくちゃ。
やるなら、今でしょ!

もうひとりの友人西田尚美は買い物依存で離婚。
てっきり編集長が元夫だと思っていました。

あと二回しかないのに、どうやって、タイへの逃亡から捕まるところまで描くのでしょう。

バレる瞬間が楽しみです。

前回はこちら→ NHKドラマ10『紙の月』第2回
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
紙の月
このドラマを見た翌日、空を見上げたらまさに『紙の月』が薄っすらと貼り付いており、何だか感動してしまった私です(笑)

面白いですね。3話分まとめて鑑賞し、日記もまとめて拝見しました。
バタ臭い大学生に笑っちゃいました。顔がアレでもスタイルが良ければまだ…なのでしょうが、体型も何だかイマイチな気がします。

私なんかは単純に、若いツバメをお金で飼うってところを羨んでしまいました。
カロリィ様
前々回の「ガラスの家」でも月がよく出てきましたが、
こちらのほうが数段ステキですね。

あの大学生、制作者側にすれば
若くてイケメンのつもりなんだと思いますよ。

違うんですよね。
美醜の問題ではなく、味がないというか(笑)
視聴者は厳しいです。

管理者のみに表示