NHKドラマ10『紙の月』第2回

結構、早い段階で横領が始まったと思ったら、このお話は5回で終わりなのですね。

あの彼にはイマイチ魅力を感じないけどな……
顔がいかにも、という感じだし、なんと言っても若くて軽すぎる。

夫が夫なだけに、原田知世は血迷ったのね。

というか、あの夫は天然なのか、わざとなのか。
もともと、自分勝手で気遣いのできない男ということでいいのでしょうか。
なにか腹にイチモツあるのかと思ったけど、そうでもないようなので。
こりゃ、治らんな。


紙の月紙の月
(2012/03/15)
角田 光代

商品詳細を見る


時計のエピソードはおもしろかった。
上海みやげの時計を受け取って笑う原田。
こわい、こわいよ~
なに、わろてんのん。

こんなもん、いらんわっ!

と、怒鳴り散らせりゃいいのに、彼女はそれができないタイプなのね。

眠っている夫の前で、なにやらぶつぶつと……
きゃ~! これもこわかった~

人間、我慢したらあきません、はい。

前回はこちら→ NHKドラマ10『紙の月』第1回
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示