年末年始に観た映画

2014/01/05 Sun 

年末年始にかけて、FULUで映画を楽しみました。
どうしても好みのホラー・サスペンスになってしまいます。
もっと怖い映画を観たい!

『ジュリエットからの手紙』
ほんわか恋愛映画。
ちとクサイかも。

『ザ・ゲーム』
キム・ベイシンガー 
どんな内容だったかサッパリ思い出せません。

『シャイニング』
ジャック・ニコルソン  
二度目の視聴。
当時は面白かった記憶が……
奥さんの顔のほうが怖かった。

『黒い家』
グロい。
全く怖くない。
ある意味、コメディです。

『スペル』
とにかく汚かった。
ゲロゲロ出し放題。

『フラクチャー』
アンソニー・ホプキンス  
う~ん、おもしろかったかも。
サスペンスの王道という感じです。

『ラストサマー』
二度目。たぶん忘れているだろうと、もう一度観ました。
案の定、かなり忘れていました。

『デッド・カーム/戦慄の航海』
ニコール・キッドマン
どこのお姉ちゃんかと思ったら、ニコールの若かりしころでした。
彼女のデビュー作です。
今のほうがずっと美しいニコール。
夫婦で航海の旅に出るというセレブなお話で、そこに怪しげな男が乗り込んで来て、ドッタンバッタン。
なかなか面白いB級? 映画でした。

『ゴシカ』
ハル・ベリー  
よくあるお話です。
不自然なところはイッパイあるのですが、まずまず楽しめました。
そもそも、ハルとあの男が夫婦であることがありえません。
最初の違和感が大当たり。

『コワイ女』
三作オムニバス形式。
怖くありません。
世にも奇妙な物語風です。

映画の感想は、観終わってすぐに書かないとだめですね。
記憶は果てしなく彼方へ……
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示