『独身貴族』第9話

2013/12/06 Fri 

『独身貴族』第9話

ラブストーリーの王道ですね。

ゴミ箱に捨てたプレゼントのエピソードが回収されました。
すっかり記憶から抜け落ちていた、という視聴者もいることでしょうが、今回、うまくまとめに入りましたね。

それを見て、守と自分の気持ちに気づく主人公北川景子
モテモテやないですか。

美人はしょーもない服を着ていようと、ケガをして救急車の中で目をつむっていようと、美人なのです。
シナリオに対するひたむきさ、とか、自分を美人とは思っていない素朴なところ、とか、まあそんなところが魅力的なのかもしれませんが、大の大人の男ふたりがこがれるほどか? という疑問は残るのですが……

周りの人たちもいい雰囲気です。
ねたみっぽいヤツラと思っていた会社の同僚が案外いい人たちで、ホッ。
それにても、あの会社、あんなに若い人たちばかりで大丈夫なのでしょうか。
どうみても、趣味のサークル程度にしか見えない。

ま、社長が若いのでそんなもの?

今回は「せつなさ」が伝わってきて、BGMとともに引き込まれました。
何度も言うようですが、前回のNHKのドラマ、内容だけを見れば「せつなさ」のオンパレードなのに、場面のどこにも、こちらに訴えるものはなかったなあ……しみじみ
これも、脚本の違いなのでしょうか。

前回はこちら→ 『独身貴族』第8話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示