北日本文学賞

2013/12/01 Sun 

第48回北日本文学賞に一次選考通過しました。

こちら→ 一次選考通過作品

1344作品中、451作品が通過。
三分の一の作品が通過するので、確率は高いのですがうれしいです。

こちらは純文学。
内容もタイトルも地味に、とにかく地味にしました。
あまり純文学という定義がわからなくて、てさぐりで書いたのですが、方向性はこれでよかったということでしょうか。

これから毎週、二次、三次、四次、最終と、長く遠い道のりが始まります。
まあ、次々通ればの話ですが。

一次が通っただけで十分です、はい。
欲は言いません。

でも、少しだけ期待したい。

エキサイティングな師走になりそうです。
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
おめでとう、おめでとうございまーす!
「一次が通っただけで十分です」なんて、消極的なこと言わないで、ドンドン行っちゃってください。
次の報告、楽しみにしています。
sattindollさま
ありがとう、ありがとうございまーす。
どんどん行きたいところですが、
こればっかりは、まな板にのった鯉状態です。
あとは待つだけ。
ドキドキ

管理者のみに表示