映画『呪い村436』

2013/11/30 Sat 

映画『呪い村436』

期待していなかったのですが、意外におもしろかったかな。
呪われているわけでもなく、幽霊が出るわけでもなく、どちらかというと新興宗教の洗脳ものでしょうか。
ホラーというよりミステリー。

人口がずっと436人のまま変わらない村。
そこに国勢調査員の主人公がやってくる。

お祭りで、ある婦人が選ばれた時点で予想はつきました。
でも、ショッキング。
村人みな平気な顔をしているのに、保安官のひとりは「人を殺したくない」と言っているのに矛盾があるのですが……

調査員と女性が早い時期にそういう関係になるのも理解しがたい。

人口が増えると、だれかを殺す。
逃げ出そうとすると、人口を減らさないためにロボトミー手術を受けさせる。

ありきたりのバッドエンドが惜しい。
逃げ切って、すっきりさっぱりで終わってほしかった。
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示