映画『ウェイヴ』

「独裁制」をテーマにした授業を行う、ドイツの高校のお話。
アメリカで起きた事件に基づいているらしい。

とはいうものの、クラスでの心理実験が、そこまで生徒たちを洗脳しているようには見えません。

手を上げて発言したり、立って発言したり、制服を着たりと……
これって、日本では普通のことですから。
って、日本の学校は海外から見たら異常なのか?

たった一週間で洗脳される子たちは、その若さゆえなのか。

ウェイヴ

途中まで退屈してしまったのですが、ラスト10分。
すべてがここに凝縮されています。はい。
ここだけでよかったかも。

実験映画といえば「es」のほうが衝撃的で怖いものがありました。


『インシディアス』

ホラーの定番。
引越し先にあれが出る。

こちらの映画の違うのは、あれが出るので再び引越したのに、またまた出るところ。
で、その原因が……

う~ん。
宗教観の違いなのか、悪魔といわれてもピンときません。

インシディアス

このホラーの難点は、音。
大きい音を出してびっくりさせればいいってもんじゃない!
一度きりなら許せるが、何度も何度も。

ほんま、腹立つ!

最初、夜中に警報ベルが鳴ったり、ドアが開いたりした時点で、警察を呼ばないのも不思議です。
帰るのがイヤだから、と残業する夫も無責任。
もっと、妻と子どものことを心配してよ~
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示