『独身貴族』7話

2013/11/22 Fri 

『独身貴族』7話

へえ~そうきましたか。
ファブリーズに、涙でプロポーズする草なぎ剛

人間、弱っているときは、なにかにすがりつきたいものです、はい。

が、北川景子の「社長とケンカ」という表現はいけません。
ケンカというのは、対等のものがするもの。
社長と従業員の間で「ケンカ」などと言おうものなら、そりゃ、れい子さんも気になりますね。

プロポーズのシーンで流れた「フォレスト・ガンプ」サントラ


で、何度もでてきた山下智久の名前。
特別出演?
若手なのにベテラン俳優並みの扱い。
大スターですな、こりゃ。

それにしても、いつも気になるエキストラ。
うしろにばかり目がいって、肝心のセリフが頭に入ってこない。
and伊藤英明のズボンのたけ。

いつもあの長さだということは、たまたま合ったサイズがなかったのではなく、わざとだったのですね。
当たり前か(昨日の「いいとも」でも短かったし)

あれって、若くて細い男の子に似合うのであって、マッチョな彼には違和感あります。

「卒業まで、あと半年だからがまんして着なさい! ほんとにこの子はにょきにょき伸びるんだから」と母親に言われ、しかたなく着ている中学三年生男子みたい。

前回はこちら→ 『独身貴族』第6話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示