映画『ブラックサイト』

今、遅ればせながら、怒涛の勢いで観ている「LOST}
五年前にシーズン4まで観終わっていたのですが、ようやく残りを視聴。

そんな中、fuluでお口直しの意味もこめて、映画「ブラックサイト」を観ました。

いやあ、どぎつい。
「SAW」のパクリかと思いました。
体に傷をつけて、血がとまらない薬の点滴をする、セメントに下半身を入れたまま熱で焼く、水槽の中に体を入れて硫酸を流す、逆さづりにして耕運機? に近づける。
これがサイトに公開されていて、閲覧数が多いほど、早く死へ近づく、というもの。
気の弱い人は、見ちゃいられません。

が、内容はそれほど複雑ではなく、意外に単純。
犯人の顔は前半にさらしているので、「だれ? なんで?」というサスペンス特有のイライラモヤモヤ感はありません。

ダイアン・レインががんばっていましたが、ラストのあれは何?
さすがに、カメラに向かってあれはないやろ~

役立たずの捜査官ばかりでした。
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示