柏田道夫先生からの講評が届きました。

「実践シナリオ・小説教室」は最近始まったコーナーで、シナリオと小説を同じ課題で、毎月交互に募集しています。

これまで応募したすべての作品に講評をいただきました。
ありがたい。

130813_1117~01

もう1作品、視覚障害者を花火に連れて行くシナリオを書いたのですが、こちらは「あざとい」と言われました。
やはり、鋭い!
バレたようです。

温かいお言葉に先生のお人柄があらわれているようでした。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示