『なるようになるさ。』第3話

楽しい。だんだん楽しくなってきました。
ツッコミどころ満載で、もう目が離せません。

相変わらずの舞台女優浅野温子
そろそろ世間の評判を聞いて、直りそうなものですが……

しかし、店の中で言いたい放題の家族たち。
「おかえりなさい。今夜は早いのね」と夫に向かって大声を上げる妻。
「うちの姉なんです」とピン子を客に紹介する浅野。
ビン子はピン子で帳簿付けや仕入れや人件費などの商売の話をカウンターで延々と語る。

イーゼルに置いたメニューはいいけれど、看板のセンスがイマイチ。

注文をとっている最中にレジへ行く使用人。
面識のない客同士の「イカスミがおいしい」などの会話。

付けてるやろなあ、と思っていたら案の定ついていた顔のペンキ。
極めつけはポロッと落とした息子の写真。
ベタすぎ!

あれもこれも、おもしろ~い!

来週は子どもまで居ついてしまう? 
へえ~

前回はこちら→ 『なるようになるさ。』第2話
テレビ | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
演技、酷いですね。
浅野温子、昔からあんなんでした?
ワザと?
ちょっとヒドイですね…。
志田未来ちゃんとか、吹き出しちゃわないのかな。

わたくし、壽賀子せんせーの「渡鬼」マニアでして、ほぼ全話観ております。

…なんか、似てます。
自宅を改装してお店だしたり利益度外視だったり(岡倉)、他人をじゃんじゃん同居させたり(弥生の家)、旦那と離婚して子供引き取ったのによそに置いてきたり(弥生の娘、あかり)、東大行ったのは眞、かづ…。

まひるはいつもパスタいじってるんですか?
岡倉でも、山田雅人はいつ見ても大根の桂剥きしてたんですよ。

昨日後半30分程観ただけなんですが、おかしな設定、セリフ、浅野温子の演技、すっかり引き込まれてしまいました!

来週はまた誰か居候させるんですかね?
「渡鬼」の決め台詞、
「こんな家族があったっていいじゃない♪」
が出たら、完璧です!

たきこ様
「渡鬼」の洋バージョンですか?
私は「渡鬼」に詳しくはないのですが、似たような設定なのですね。
橋田先生はもうお年だし、新しいアイデアも浮かんでこないので
手を抜いてしまったのでしょうか。

山田雅人の桂剥きに爆笑してしまいました。
まひるさんも気づくとパスタさわってるし(笑)

浅野温子はちょっと熟年&セレブ化したサザエさんですね。
気の抜けたしゃべりの舘さんと異様なテンションの浅野さんは
見てるこっちも疲れる疲れる(笑)

でもいろんな意味で楽しいので許します。
No title
すべて同感です。
あの舞台風セリフ聞いてるだけで疲れます。
変な看板!!ちっともよくないし、目立たない。
ピン子の役って必要?
義理でだしてもらってるような・・・
でも、ついつい毎週見てしまいます。

橋田先生、東大好きなんですかね~(笑)
えんえん様
「東大、東大」の連呼。
頭がいい=東大という単純な図式。
先生はよほど東大がお好きなんでしょうね。

看板もちらしのイラストもセンスないですよね。
メニューもスカスカでいまいちでした(笑)

管理者のみに表示