NHKドラマ10『激流』第5回

う~ん、だんだんつまらなくなってきたぞ、と。

カンニング竹山を殺したのは国仲涼子の夫だとわかっているのだから、今さら回りくどいことをしないでよ。
友人に妻子を預けるなんて、他に親戚はないの?

もう、惚れた腫れたの個人的事情はどうでもいいので、冬葉失踪事件に的をしぼってください。


激流〈下〉 (徳間文庫)激流〈下〉 (徳間文庫)
(2009/03/06)
柴田 よしき

商品詳細を見る


ともさかりえ弟のナゾの表情。
ずっと理解できないままきているのですが、四人か写った写真。
一話にあったらしい主婦殺人? 事件。
そして、年寄りメイクが「コントかい!」とツッコミたくなる武田真治
あの気持ち悪いジジイに「好きだ」とすがりつく賀来千香子の趣味。

もう訳わかりません。

ラスト、能天気に見えていた若い彼女の貞子のような姿にはゾッとしました。

前回はこちら→ NHKドラマ10『激流』第4回
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示