『雲の階段』第10話(最終回)

そうきましたか。
前半、かったるいなあ、理事長のキャラ変わってるやないか、無医村に元婚約者も行くんかい、大団円かい、と思いながら観ていましたが、
ラストの院長の登場あたりで緊張が走りました。

まあ、このまま終わればいいものを

南の島って……
ひどい! 三郎が死ぬなんて! というブーイングを防ぐための、視聴者へのサービスね。

個人的には、拘置所でのお箸をメスにみたててのイメージトレーニング(?)がツボでした。
医療がとことん好きなのね。
そこまで好きなのなら、もっと昔に勉強して資格をとっていればよかったのに、と思ってもあとの祭り。
前科ものでは医師免許などとれないでしょう。

なら、南の島へGO!
すいません、このシーンで笑ってしまいました。

前回はこちら→ 『雲の階段』第9話
テレビ | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
こんにちはー。
理事長、生死の境をさまよって、人として本当に大事なもの(笑)に気付いたのでしょうか。。。

病院を売却、そんで売却金の大部分を寄付ぅ~?

お嬢様で育ってきたあこちゃん達、やっていけるんですかね。

三郎さんがいた南の島には、明子もいるのかなぁ。
いて欲しいなぁ。


たきこ様
無医村で一からの病院経営は、医者でもないのに無理でしょうねえ。
まあ、元婚約者が手伝ってくれるか。

理事長、急にいい人キャラになってしまって、どうしてしまったんでしょう。
娘ふたりと孫をかかえて、寄付なんかしてる場合じゃないのに(笑)



No title
アコちゃん、最初から婚約者のあの先生にしておけばよかったのに。

三郎さん、ずっとばれないことを願っていました。
でもばれないとドラマになりませんよね~ぇ。
今日からゆっくり寝られます(笑)
えんえん様
元婚約者、いい人ではありませんか。
アコちゃん、三郎と結婚して大失敗でしたね。
無医村で再婚したりして(笑)

今夜はゆっくり寝てくださいね。


管理者のみに表示