『雲の階段』第3話

2013/05/02 Thu 

『雲の階段』第3話

おもしろくなってきました。
自我に目覚め野心に燃える長谷川博己が東京の病院に乗り込む!

って、ムリムリ。
無資格の医者が大病院で働けるのでしょうか?
にせの医師免許証を提出するの?

今回もハラハラドキドキの手術シーン。
ぼうっとしていた主人公は人が変わったように、目はつりあがり(元々上がり気味か)、マスクはバクバク(荒い呼吸が見てとれる)、声は大きくはきはきと。
う~ん、上手い!
こちらのイライラ感が吹き飛びます。

親の決めた人と結婚とか、大学生なのにお金を持っているとか、院長に愛人がいるとかの設定に古さを感じますが、セリフの中にこめられた心理描写がていねいで引き込まれてしまいます。

ところで、買ってもらったスーツと靴はどこに置いて島へ帰ったのでしょう。
コインロッカーか?

医者の娘であろうと木村文乃は大学生。
お金使いすぎっ!

前回はこちら→ 『雲の階段』『家族ゲーム』第2話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示