講談社「小説現代」が毎月募集しているショートショートに予選通過しました。
といっても、名前(ペンネーム)が載るだけ。

入選者5名は賞金が2万円、作品は雑誌に掲載される。
予選通過者5名はなにもなし。

昨年秋から応募を始めたのですが、小説現代は買ったことないし、ましてや入選作品も読んだことがありませんでした。
これではまずい、とamazonで入選作ばかりを集めた文庫本を買って、傾向と対策を研究することに……


ショートショートの花束4 (講談社文庫)ショートショートの花束4 (講談社文庫)
(2012/04/13)
阿刀田 高

商品詳細を見る


ふむふむ、審査員が阿刀田 高
ブラックユーモアか……

心理描写や情景描写の優れた文章力よりアイデアとオチが命。
最後の一行で読者をずっこけさせる(古っ!)筆力。
たとえば落語のような感じでしょうか。

時々応募しているもうひとつのほうは、ブラックユーモアは敬遠されがちで、分かりやすくて素直でほのぼのとした読後感のいいものが選ばれるようです。

傾向と対策、大事ですね~
日記 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
おめでとぷございます!
初めまして。

コンテスト入選おめでとうございます!
僕も今回初めて応募しようと思っているのですが、いくつかお聞きしたいことがあります。

・PCでプリントアウトしたA4版なのですが、送付する際に2つ折りにしても問題ないか?

・「冒頭に表題と筆名」が必要ですが、それらを入れて5枚以内なのでしょうか?書いた作品がちょうど5枚きっちりで、表題と筆名を入れると6枚目に入ってしまいます。
内容自体が5枚に収まっていれば、6枚になっても構わないのでしょうか?

お答えいただける範囲で結構です。
何卒宜しくお願いいたします。
菅野さま
コメントありがとうございます。

入選ではなく予選通過ですので……恥ずかしいかぎりです。

・ 私は原稿は折らずにA4サイズ対応の封筒で出しました。
・ 20×20だとかなり読みにくいので、40×30で書いて2枚と2行で
おさめました。
たぶんタイトルと筆名はカウントしないとは思うのですが……
もし不安なら改行などで調節すればどうでしょう。

お役にたてればうれしいです。
No title
いえいえ、予選通過でもすごいです!!

>40×30で書いて2枚と2行

なるほど、規定通りではなくとも予選通過できる・・・
つまり内容がいいものは、どういう格好でも評価されるということですね。
励みになります!

大変参考になりました。ありがとうございました!
今後も情報交換などしていただければ幸いです。
何卒宜しくお願いいたします!
菅野さま
40×30が二枚と二行でしたが、20×20(原稿用紙換算)にすると5枚以内になります。
規定枚数は守って応募されたほうがいいと思いますよ。
説明不足で申し訳ありませんでした。

こちらこそ、いろいろ情報交換お願いいたします(笑)



管理者のみに表示