『夜行観覧車』第7話

2013/03/02 Sat 

『夜行観覧車』第7話

だんだん事件の核心に迫ってきました。
が、もちろん事件当日に起こったことは小出しです。
イライラ、ワクワク。

現場にいたのは石田ゆり子と次男だけ。
ということは、真犯人はふたりのどちらかしかない。

が、次男はコンビニに行ったあと、自宅に戻ろうとして事件を知る。
じゃ、犯人は母親しかいないではありませんか。

予告を見ると、そんな単純だもなさそうだし……
もったいぶらないで、早く教えて~!

で、1000万円の件はあれで終わり?
それとも事件に関係がある?

今回のラストシーンは鬼気迫るものがありました。
文字通り、鬼の形相の鈴木京香、娘共に迫真の演技でした。
クビを絞めて殺すのかと思いきや、叫び声を止めるためにから揚げを口に押し込んだのね。
手に汗にぎるとはこのこと、しばらくボーッとするほどすばらしいシーンでした。

そしてさらに異常なキャラ全開の夏木マリ
さすがにご近所のかたがたは引き始め、もうだれも味方がない。
唯一、愛しのマー君に会いに行ったけれど、冷たくあしらわれ、嫁の実家で暮らすなどとほざく。
う~ん、マー君、ちゃんと独立してください。

演技力のある俳優陣の中で、マー君の演技が目立っていました。

前回はこちら→ 『夜行観覧車』第6話
テレビ | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
もうドキドキでした。
アヤカと鈴木京香のからみ、ヒヤヒヤもしました!
つい小説を読んで結末を知りたくなります・・・
えんえん様
今、小説を読んでいる知人によると、
ドラマは原作を超えているらしいです。
脚本と俳優陣のおかげでしょうか。

犯人をじらさないで教えてほしいけど……
知りたいような、知りたくないような(笑)
No title
こんにちは~!

エンディングが流れ「もう終わりっ!?」って思ってからが、すごかった!
鈴木京香があやかを殺しちゃうのかと思ってドキドキ!
家族全員息をのんで見入ってしまいました(@_@;)

とりあえず宮迫は犯人じゃなかったですね。
あのトロフィーがよしゆきのものだったの、関係ありますかね?

昨日本屋さんで立ち読みしちゃおうかと思ったんですが、ぐっと堪えました。

まーくん、異彩を放ってますね(笑)



たきこ様
こんにちは。

ラストのシーンはすごかったですね。
特に、から揚げを口の中に入れて「し~っ」と言うところが
強烈でした。

石田ゆり子が、前妻の息子よしゆきを快く思っていなかったので、
そのトロフィでやったのかもしれませんね。
そう考えると、犯人は石田以外にはいないような気がするのですが
どうでしょう。

マー君、お坊ちゃまには見えるのですが、浮いていますね(笑)
No title
犯人予想、ついてるんですか?
私も分からないなりに、予想してみましたが…。

鈴木京香VSあやか、迫真の演技でしたね。
ぐっさんの娘役とは思えません。
カロリィ様
まだまだわかりませんね~
母か息子かのどちらかで、お互いをかばいあっている
ような気がしますが……

ぐっさんの娘のときは子どもらしいのに
ドラマでは大変な娘ですね。
目の演技がすばらしい!

管理者のみに表示