『夜行観覧車』第5話

2013/02/16 Sat 

『夜行観覧車』第5話

いやあ、今回はツッコミどころが満載でした。
でも面白い。

京都の彼女がお風呂に閉じこもって泣き叫ぶなんてありえません。
そもそも、事情もよくわからない彼に「家族とどっちが大事」みたいなニュアンスのことを言ってましたが、ああいうタイプのお嬢は怖くなってとっとと逃げ帰っていると思うのですが……
パニック症候群かい!

で、あの張り紙。
筆で書いた字が上手い。
と、思えば、いろいろなフォントでコピーしたものも。
あれすべて夏木マリが?
ひとりではなく、大勢の人たちでやったように見せかけるためでしょうか。

それにしても苦しいドラマです。
鈴木京香が気の毒で気の毒で。
夫も頼りにならないしなあ。

そしてとうとうマー君小泉孝太郎の登場。
やっぱり実在していたのね。
帰る日の連絡もなく、突然でした。
妻が妊娠したことも、妻の実家で暮らすことも、すべて事後報告。
今までにそれなりのことをやってきたから逃げられたのでしょう。
まあ、こちらも気の毒といえば気の毒なのですが。
それにしても、一向に登場しない夏木の夫。
いるの? いないの? どうでもいいの?

京都の長男、事件にこころあたりがあるようでした。
いったい、なにしたの~?

前回はこちら→ 『夜行観覧車』第4話
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんにちは!
今回もあっという間の一時間でした(*^_^*)!

彼女の風呂場閉じこもり、わたしも意味がわかりませんでした。
「殺人事件の関係者と二人きりなのよ?!」とかも言ってましたよね?
だったら外に逃げ出しそうなものを、なんやねん???

まーくん、ちゃんといましたね(笑)

ずっと逃げてるしんじと淳子さん。
そんなに見つけられないものなんですかね。

早く真相が知りたいような、まだまだ楽しみたいような(^_-)-☆

たきこ様
このドラマ、時間のたつのが早いですよね。
最後の最後まで楽しんで、予告もしっかりチェックしてしまいます。

あんなに近くでうろうろしているのに、見つからないのも
ありえませんね。
どうして逃げているのでしよう。
夫のお葬式は? ほったらかし? と、余計な心配をしてしまいます。

金曜日が待ち遠しいですね。

管理者のみに表示