『サキ』第6話

2013/02/13 Wed 

『サキ』第6話

おもしろいわ~
もう目が離せません。

今回も盛りだくさん。
ワイン屋の男が理事長の息子だと、何気に予測していたので、それほどの驚きはありませんでした。
先妻の息子ではないですよね。
富田靖子高島正伸も実年齢より老けた役だもの、あれだけ大きな息子がいてもいいのか。

で、サキのターゲットになっている人たちの年齢はみな同じくらい?
三十二歳の設定なら、理事長息子は年相応、他の人たちはやけに老けています。

ということは、勝手な推測ですが、みなサキと同級生だった……
たびたび映る隼人の母朝加真由美が先生で、みなでサキを陥れて楽しんでいた……なワケないか。

今回の岡田義徳のケースも素晴らしかった。

勝手に自殺されては困る。
あなたには、まだまだやってもらわなければならないことがあるから……

ああ、恐ろしや~
レストランで皿を落とすわ、鏡を割るわ。
ときたま見せる本性がゾクッとさせます。
これがまた楽しい。

もうそろそろヒントが欲しい。
母親とターゲットの共通点か……

ああ、わからん!

前回はこちら→ 『サキ』第5話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示