唯川恵「めまい」

2012/09/09 Sun 

この人の恋愛小説を読んで面白いと思ったことはありませんでした。
というか、甘ったるい恋愛小説自体が好みではないので……

が、「病む月」が意外にすんなり入ってきたので、続いて同じようなサスペンス色の濃い「めまい」を読んでみました。
短編です。

めまい (集英社文庫)めまい (集英社文庫)
(2002/06/20)
唯川 恵

商品詳細を見る


読み進めて行くうちに、「あれ? これって」

おんなじや~!!

FC2小説では公開していないのですが、私が書いているしょーもない話と設定が同じ。
中のセリフまで同じやんか。

展開とラストは違いますが、知っている人が読めば、パクったと思うことでしょう。

いやあ、人気作家と同じ発想をしていたなんて、逆にうれしいかも。

ていうか、だれもが考えるネタだということですね。
独創的ではない。はい


病む月 (集英社文庫)病む月 (集英社文庫)
(2003/06/20)
唯川 恵

商品詳細を見る


「病む月」も面白くて、あのつまらない「肩越しの恋人」を書いた作家とはとても思えません。
いや、これは好みの問題なのでしょう。

この作家は長編より短編のほうが上手いのかも。
いや、これも好みか……
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示