『息もできない夏』第8話

変な人、大集合!

悪人キャラはいい人へ変身中。
武井咲に冷たかったおばあちゃんは「なにがあったってどちらも私の孫だから」と優しく微笑む。
DVのは病をかかえ孤独な環境で反省中。
雑誌記者はなぜか掲示板を見て猛反省中。情けない!
ケーキ屋の同僚は玲をかばって、店の中で声を荒げる空気のよめない人。

そして都合のよいことに、発売中の雑誌を出演者全員が偶然目にする。
普通そこまで見ないでしょう。

「しばらく休め」と言った店長が「近くにいるの。すぐに顔出しなさい」と命令口調。
そんな、急に言われたって……
まあ、主人公は飛んで行きましたが。

で、「おやすみなさい」と言って部屋に戻ったかと思ったら、深夜に店へ入り、退職願い? なるものを机の上に置いている主人公。
やめる決意をしたようだが、予告ではちゃっかりそこで働いているし。

北海道行きはまだ相談段階なのに、江口洋介に会い、なぜかお別れ宣言。
いつのまに決まったの?
それにしても深夜に若い娘がうろついていてはだめではないですか。
お母さん、しっかりして、ってあの母親ではダメか。

私たちはなにも悪くない。
いやいや、あなたのお母さんは殺人未遂を犯してますから!

残念!

江口さんが全然魅力がなくてお気の毒です。

前回はこちら→ 『息もできない夏』第7話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示