『カエルの王女さま』第4話

別に期待もしていないので、ガッカリ感もなくそこそこ楽しんでいます。
ベタすぎて引いてしまいますが……

大島優子玉山鉄二のうじうじした態度にイライラします。

う~ん、ハッキリせい!!

そこを天海祐希がカバーしてくれているので、バランスはとれているみたいですが……

そしていつも腹の立つのは大島の母親。
言うことすること、すべて娘を悪いほうへと引っ張っている。
あんな母親はありえません。

たいした練習もしていないのに、テレビで突然本番?
リハーサルなし?

まあ、ここは突っ込むところではないのでしょう。

ストーリーが幼稚すぎて、子ども向きのマンガに思えてきます。
いや、マンガのほうがもっと洗練されているかもです、はい。

それなら、観るな、ですが
なぜかリアルタイムで観てしまう。
なんで?

前回はこちら→ 『カエルの王女さま』第3話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示