『聖なる怪物たち』第6話

先週の疑問がようやく解明しそう。

ということは、やはりあの切羽詰った状況での血液検査では、鈴木杏の血液が特殊である、ということはわからなかったのね

中谷美紀はそのことに関しては最初から知っていて、出産のために血液をあらかじめ用意していた。

で、そこで予期せぬ出来事が起こった。
とにかく赤ちゃんを無事出産するまでは予備の血液を使い、出産後は「亡くなってもかまわない、逆に亡くなったほうが都合がいい」となって、病院に元々あった血液を使った。

う~ん。
こうなると、岡田将生の医療ミスで責任は重い。

おもしろくなってきましたが、ところどころにある「昼ドラ」感がドラマを安っぽくさせています。

加藤あいのカルテを盗み見て、あわてる岡田。
「ずいぶん汗をかいているようだが」
「暖房の効きがいいので」

オイオイ

そして加藤の帯を締め上げる姑山本陽子

そんなレベルの低いいじめはやめて~

前回はこちら→ 『聖なる怪物たち』第5話
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示