『キルトの家』後編

2012/02/05 Sun 

『キルトの家』後編

〝老人〟と、ひとくくりにしないで。
それぞれ個別であり、ひとりひとりが違う。

作者はこれが言いたかったのね。

う~ん……
まったく好みではありませんでした。
やっぱり山田太一は無理かも。

突如出てきた〝津波〟も取ってつけたようで、なんだかなあ。

三浦貴大の関係も、〝兄の妻と逃避行〟という、とんでもない設定でありながら、兄に新しい相手ができたということで、あっさりまとまってしまいました。
ありえなさ過ぎて笑えます。

リアリティがあるようでないドラマ。

山崎努のなが~く垂れた鼻水だけがいつまでも……

前回はこちら→ 『キルトの家』前編 
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示