『家政婦のミタ』第7話

いよいよミタ松嶋菜々子の過去が明らかになるのですね。
って、来週かい!

今回わかったことは、
夫と子供が亡くなり、姑に責められ、「死ぬまで二度と笑わない」と決めたこと。

原因は?
遊園地の意味は?

なに~~?!

ま、来週まで楽しみに待つといたします。

で、長谷川博己の元愛人は田舎へ帰り、養子の話はなくなり、ようやく親子共々愛情を確認し平和な家族に戻るのですね。
残念ながら次男のお受験は無理ね。

それにしても、このドラマも視聴者をだまそうとする魂胆がミエミエです。
お遊戯会を中止できないという電話のバックにはショベルカー?
どこにいる?と訊かれて、「言えません」はないでしょう。
爆破予告なら家からでもできるっちゅうねん!

キイちゃんの誘拐事件の電話のときもバックは大型ごみの集まるような場所。
いかにも冷蔵庫に入れます、みたいな。

腹が立つので、関係のない映像はやめてください!

わざとです!

いや、わかっているけど、そういう演出が視聴者をおちょくっている、ということです。

なら、観るな!

いや、観ます。

前回はこちら→ 『家政婦のミタ』第6話
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ちょっと感動。
kannaさま

おはようございます。
家政婦のミタ、本日深夜視聴しました。

今回は長谷川博己さんが涙ながらに
家族に土下座しながら謝罪したシーンに
年甲斐もなくもらい泣きをしました。

元愛人とも、よく我慢をして
別れることが出来ました。。。

あとはミタさんの過去が、どのように
明るみとなり、そして「笑顔」がみれますよう。

シーズン2は
「家政婦のミタ」から「新婚のミタ」をせつに望みます。

恐らく、末娘が
「ミタさん!私たちのママになって!おねがい!」

「承知しましたぁ・・・」^-^\





じゃっく様
本当に元愛人のことが好きだったみたいですね。
4人の子持ちでは、愛人のほうもあきらめざるを得ないですもの。

ミタさんが長谷川さんと結婚とは……

<span style="color:#0000FF">「ミタさん!私たちのママになって!おねがい!」
「承知しましたぁ・・・」</span>

うまい!!

管理者のみに表示