京都国際ホテル内「近江」でステーキランチをいただきました。

今年1月に閉館したホテルフジタから移転したステーキのお店です。
フジタの敷地内にあった夷川邸は、それは由緒あるステキな建物。
そこで若かりし頃に食べたステーキの柔らかな味が忘れられませんでした。

近江の廊下からは美しい日本庭園がのぞめます。
111019_1334~01

中はかなり広いスペース。長いカウンターが続きます。
111019_1308~01

前菜  スープ  サラダ
111019_1236~01
111019_1242~01
111019_1247~01



ステーキ  デザート
111019_1251~01
111019_1312~01


・ 前菜盛合せ(サーモンとポテトのキッシュ 他2品)
・ 本日のスープ 牛スジ肉と根菜のポトフ
・ 国産牛 ロースステーキ 50g
・ 焼野菜  
・ 彩りサラダ
・ 御飯
・ 香の物
・ お米のプリンとシャーベット
・ コーヒー又は紅茶

2種類のソースがあり、好みのほうをつけていただきます。

5000円相当のランチが10月いっぱい3150円。( リビングを見たと言えば )
よくよく見ると……
5000円コースは70g
こちらの期間限定ランチは50g。
どおりで安い、と思いました。
100gはいけそうですが、ランチなので控えめに。

オードブルはどれもおいしく、ステーキもふわふわに柔らかい肉。

なぜかここのお客さまは老婦人ばかり。
なんで?
恐るべし、おばあちゃんパワー。

くわしくはこちら→ ステーキ割烹近江



グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示