『絶対泣かないと決めた日』

スペシャル、楽しみにしておりました~

会社でニューヨークでと、イジメ満載でありました。
が、ストーリーはといえば会社の合併問題に奔走する藤木直人が中心で、たとえ秘書課に移動したとしてもあまり意味のなかった榮倉奈々

そりゃそうでしょ。
入社二年目で合併がどうのこうのって、まだそこまで会社のことはわかってないんじゃないの?
まして彼女が奮闘したところで無力ですって。

しかし、しか~し、そこはドラマです。
微力ながら、彼女の行動が株主二階堂さまの心を動かしました。

て、最初からわかってんねん !!

傘を貸す時点で、あのおばさんは「会長の奥様、あるいはトップのだれかの奥様かお母様」である。
創業者の孫ということで、ちょっと違いましたが……

佐藤江梨子のイジメ役は自然だったが、あのヘアスタイルとメイクはできる秘書には見えなかったなあ。

連ドラで観ていたときは面白かったのに、このドラマってすごくベタだったことに今さら気づいた。
「水戸黄門」みたいにお約束の展開、単純明快、なんのひねりもない、お子様向きだったのね。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示