『となりの芝生』6話

2009/08/06 Thu 

『となりの芝生』6話

つまらん。
もうどうでもいいや。
といっても、今クールのドラマはどれも好みでなくて、ネタ作りのために見ているのですが……唯一見ているのはこれだけなのですよねぇ。

ほんとショーモナイ。
夫の仏頂面とピン子の〝もみ上げ〟だけがやけに目につくドラマ。

こんなドラマに出演していたら、瀬戸朝香大杉漣の格が下がるわ~

しかし、ミシンの内職からメンズ倶楽部の責任者とは、あまりに極端じゃない ?
もっと中間の仕事があるでしょうが。

「お姑さんには迷惑をかけませんから」と言って大見得をきったところで、姑がいなけりゃあんな仕事はできない。
8時に終了して帰宅は9時ごろ ?
子どもに習い事をさせるために働くと言ってるけれど、逆に子どもの心理面に影響があると思うけどなあ。

まあ、橋田の先生の頭の中で考えたことなので、そんな心配は大きなお世話ですけどね。

ラストのふたり並んで詠む俳句もあまりにつまらなくてひいてしまうわ。
初めてこれを見た家族が
「何これ」と驚愕していました~

文句ばっかり言うなら観るな !! と「となりの芝生」ファンに怒られそうだけど、文句を言うために観てますんで、アシカラズ。

前回はこちら→ 『となりの芝生』5話
テレビ | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
Re: 『となりの芝生』6話
はじめまして!検索サイトからお邪魔しました。
となりの芝生、そんな展開になってるんですね。
橋田さんの脚本は昔は好きだったのですが、最近はなんだか
重く感じたりして観なくなってしまいました(汗
でもこちらの記事を拝見して、少し気になっちゃいました^^
参考になりました。

管理者のみに表示