足、速っ!

恋を知ったカホコがだんだん可愛く思えてきました。
今のレベルは幼稚園児なのですね。
汗をかいて走る姿のなんといじらしいことか。

「お母さん、娘をやめていいですか」の母親と同じく、娘を支配している母親。
あちらはシリアス、こちらはコメディ要素でありながらも、娘を思う気持ちはどちらもいっしょ。
自分の言うことに間違いはない、言うとおりにしていれば娘は幸せ、と信じて疑わない。

お金と女に苦労する画家、ミュージシャン、役者はダメ。
なるほど。作家もな。
言わんとすることはわかるけど。

それにしてもあのピザ、2枚で8000円て

高いわっ!

どんだけトッピングしてるねん!

来週は父親の反逆が始まるのか。
ワクワクです。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

ヘズバンド

2017/07/25 Tue 

マダムA 世間をにぎわせている松居夫人の「ヘズバンド」が耳にこびりついて離れません。

マダムB ああ、YouTubeの英語版ですね。流暢にはほど遠い発音でいらっしゃるけど、あれだけハキハキと英語でしゃべっておられて感心しましたわ、ヘズバンド!

マダムA やはり女優さんだけのことはありますわ、たいしたものです、ヘズバンド!

マダムB ご主人のヅラも暴露されたとか……って、何をいまさらですよね、ヘズバンド!

マダムA 今年1月にはロサンゼルスへ植毛に行かれたとか。まあ、毎回かぶるより、植えたほうが早いってものですわね、ヘズバンド!

マダムB 松居夫人といい、豊田議員といい、泰葉といい、今年ご活躍の女性は「ヘズバンド!」

マダムA そして秋田県の知事もぐいっとやっている場合ではないですよ。さあ、みなさん、ごいっしょに「ヘズバンド!」
整形・ヅラ | コメント(0) | トラックバック(0)
京都駅東にあるセンチュリーホテル「カサネ」でランチをしました。
ロビーに入ると、いろんなスタッフから声がかかります。
「どちらをご利用ですか?」
「お待ちあわせですか?」
「どうぞおかけになってお待ちください」

バイキングのレストランを右手に見ながら奥に進むと、隠し部屋へ続く扉が……
なんと、その扉を横にスライドするとレストランが現れました。
ロビーからはまったく見えず、そこにレストランがあることさえわかりません。

花の向こうが入り口
IMG_1358.jpg

きれいに手入れされた庭
IMG_1368.jpg

本格的なセッティッングにワクワク
IMG_1352.jpg

とうもろこしとオレンジのジュレ ほうれんそうのパンナコッタ
IMG_1354.jpg

木箱に入ったパン
IMG_1359.jpg

トマトのヴェルション
IMG_1360.jpg

カレイとツブ貝
IMG_1362.jpg

昆布〆したポークロース肉(8時間なんちゃら)と野菜のコンフィ
IMG_1363.jpg

デザート
IMG_1367.jpg

明るい店内 テーブルの間隔が広くいい雰囲気です
IMG_1364.jpg

こちらのコース、ドリンクつきで、一休からの予約なら3000円

いいっ!
お料理はどれも美しく、工夫されています。
特に日吉ポークがポークとは思えないおいしさです。
量とメニューのバランスが良く、ラストのデザートまでおいしくいただきました。

なぜこんなに空いているのかわからないのですが、きっと手前にあるバイキングに人気があるからなのでしょう。
ブッフェ嫌いな私としては、こちらのレストランのほうがいいのでは、と思うところですが、なにぶん隠し部屋。
きっと、お客さんにたくさん来られては困るのではないでしょうか。ほんまかいな。

落ち着いてゆっくりしたい方にはオススメです。

くわしくはこちらをどうぞ→センチュリー「カサネ」
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)

『黒革の手帖』第1話

2017/07/21 Fri 

武井咲が主人公なんて、無理無理、絶対無理、若すぎる、とバカにしていたのですが……

とにかく美しい。
あの華奢な体と細い声は米倉涼子と比べるとあまりに貧相なのてすが、そこは美貌でカバー。
和服も意外によく似合っていました。

欲をいえば、もっとドスをきかせて。
そして手帖の文字はもっと達筆でお願い!

高嶋政伸と仲里依紗の登場シーンでは??? だれ? 状態。
どこのジジイかと思えば高嶋政伸。
そしてどこの姉ちゃんかと思えば仲里依紗。
一方はヘアスタイル、もう一方は前回のドラマで見たばかりなのに……ますますやせた?

ドラマらしい安定したドラマです。
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)
面白くなってきました。

特にチェロの従妹がキレるあたりから。
口が悪くて驚きましたが、ある意味スカッとするところもありました。
そしてムンクの叫びの絵がここに繋がるとは……いいじゃありませんか。

頭が小学生が中学生くらいのレベルの主人公。
それもこれもすべてはあの過保護の母親のせいなのですね。
黒木瞳のキャラがこれまた面白い。
外では借りてきたネコ状態なのに、従妹の不幸がうれしいのか、張り切ってテキパキと指示する母親。
嫉妬は怖い~

で、今のところ主人公のお世話係のような竹内涼真。
あっさりとしたキャラもいいし、主人公とのからみも適切でいい!
彼をはさんで、娘と母親とのバトルが始まるのでしょうか。

あの母親のやっていることは、ある意味虐待なのかもしれません。
それにしても主人公のような子、かなりオーバーに描かれているけれど、結構周りにいるのでしょうね。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

真鍮

2017/07/17 Mon 

ようやく外壁の塗り替えが終了しました。

あじさいボロボロ、一部の植木は枯れかけ。
シートの下になり、上から踏みつけられていたのでしょう。
トホホ

そんな中、ドアの真鍮の取っ手がピカピカに変身しており驚きました。
付け替えたようにきれいです。
IMG_1324.jpg

職人さんはとてもまじめにきちんと仕事をしてくれ、この業者にしてよかったと満足しています。
色見本でいくつか候補を選び、外壁とドアそれぞれ4種類の色をA4の大きさで作っていただきました。
試行錯誤の末、決めた色はイメージ通りの仕上がりに。

他の見積もりをお願いした業者に言いたい。
今回、頼んだ業者のような見積もりを出せば、100%注文が取れますよ、と。
それほど雲泥の差がありました。
私も見習いたいものです。

それにしても2週間、辛かった~
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)

夏のドラマ

2017/07/14 Fri 

次々と新ドラマが始まっていますが、今のところ収穫なしです。

「ごめん、愛してる」
う~ん。
即脱落。

「過保護のカホコ」
なかなか面白く観ていましたが、観ているうちに「障がい者?」と思える主人公のキャラにイライラ。
ティッシュ配りのあたりから、いくらなんでもそれはないやろ~とつっこんでおりました。
彼の登場で次第に目覚め、人として成長するお話なのでしょう。

「セシルのもくろみ」
楽しみにしていたこのドラマ。
最初のインタビューのシーンからなんだか嫌な予感が……
君島十和子の顔が「だれ?」状態。

うるさいだけで、がさつな主人公、演技もわざとらしくて魅力なし。
途中リタイアでした。

もっとおもしろいドラマはないんかいっ!

いまさらですがHuluで海外ドラマ「ミストレス」を観ています。おもしろい!
「フィアー・ザ・ウォーキングデッド」は本家「ウォーキング・デッド」には劣るかも。
「ナイト・オブ・キリング」は、冤罪で刑務所に入り、タトゥーを入れたり体を鍛えたりして、だんだんと犯罪者らしくなっていく主人公が見もの。
アレルギー持ちの弁護士のキャラもよく、ラストのラストは一瞬見逃したかと思い、巻き戻したくらいでした。なんのこっちゃ。
NHKの「ダウントン・アビー」は出演者のドレスの色が素敵でほれぼれとしてしまいます。
テレビ | コメント(2) | トラックバック(0)

ただいま塗り替え中

2017/07/11 Tue 

先週から始まった外壁塗り替えの工事。
仕事とはいえ、暑い中、外の仕事がいかに過酷なことか。
職人の方に申し訳なくてエアコンなど入れていられません。

ただいま、窓という窓全部に白いシートが貼られて、開けることもできず、牢獄の中にいるようなもの。
エアコン可といわれましたが、吐き出す熱気を思うとどうしても躊躇してしまい……。

そこで登場したのが、前回記事にした塩のマット。
二階の寝室からリビングのソファに移動させ、その上に座ると、な、な、なんとお尻から冷た~い!

ああ、ありがたや、ありがたや~
買っててよかった塩マット!

そして塗り替え工事、早く終わってほしい~
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)

塩のマット

2017/07/06 Thu 

ほんとに冷たい?
冷たすぎて、体に悪い気がしてちょっと怖いという知人。
またまたまた~
塩が冷たいって……ほんまかいな。

というわけで、「熱帯夜もエアコンいらず、塩で冷やす冷却マット」を購入いたしました~

へ?
ひょっとして……ひ~っ!!

冷た~~い!

冷蔵庫で冷やす必要はなく、一晩中冷たさが持続するのでラクチンです。

朝、起きたら凍ってたりして。

日記 | コメント(2) | トラックバック(0)

学生レストラン 和食

2017/07/04 Tue 

taiwa京都調理師専門学校の学生レストラン、先月のイタリアンに続き、今回は「和食」をいただきに行ってきました。

IMG_1287.jpg

IMG_1274.jpg

かつおのたたき(壬生会席)
IMG_1282.jpg

鯛のお造り(朱雀会席)
IMG_1281.jpg

鮭の南蛮焼き 出し巻き(壬生会席)
IMG_1278.jpg

天ぷら(朱雀会席)
IMG_1277.jpg

鯛南蛮漬け
IMG_1280.jpg

たこの柔らか煮
IMG_1279.jpg

お吸い物
IMG_1284.jpg

ヨーグルトムース コーヒーアイス
IMG_1285.jpg

こちらのお料理、なんと800円!

一品ずつ出てくるわけではなく、デザート以外はすべてお膳に載っています。
お造りとかつおのタタキは、カウンターの向こうから学生さんによって出されました。

テーブル席は4人掛けなので、お客さんがひとりかふたりの場合はカウンター、またはテーブル席での相席になるようです。

鯛はぷりぷり、たこは柔らかく、お出汁はよく出て、とてもおいしくいただきました。
1800円くらいの価値はありそう。
ノンアルコールの飲み物があればもっとよかったかも。

ひとりでお越しの年配のご婦人、スマホで料理の写真をカシャカシャ。
学生レストランの大ファンのようにお見受けいたしました。
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)

ホームパーティ

2017/07/01 Sat 

ホームパーティにおよばれしました。
出張シェフが作った数々のイタリアン。

カプレーゼ
水牛のモッツァレラ、癖がなく美味
IMG_1248.jpg

豚肩ロースとポテトのローズマリー風味
IMG_1249.jpg

アヒージョ
IMG_1252.jpg

桃とモッツァレラ
IMG_1255.jpg

サラダ三種
IMG_1256.jpg

シャトーブリアンのステーキ
IMG_1261.jpg

私、うそを申しておりました。
実は、料理好きな素人シェフの作品です(サラダは伊勢丹で購入とか)

イラストを描いて献立を考えるのもいと楽し、お酒を飲みながら一品ずつ作るのもまた楽し……らしい。
まるでタモリのよう。

まいりました~~~
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |