まあ、そんなものでしょう。

こちら→二次選考通過作品

わかっていたとはいえ、ちょっと期待して、そして撃沈。
いつものパターンです。

二次選考を通過すると、講評がもらえるので、今回はかなり期待していたのですが……
まあ、そんなものでしょう。

この公募はいったいどれほどの応募数があるのでしょう。
公表されないので、いまいちレベルがわかりません。
まあ、上手ければ、応募数など関係ないのですが。

というわけで、また今度がんばります。
また今度、といい続けてはや6年……
落選に慣れたとはいえ、結果発表のページをスクロールするときのドキドキ感がたまりません。
くせになるわ。
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
吹奏楽なのでオリジナルとはちと違いますが、楽しめました。
特に五嶋さんのバイオリンとの競演「ジプシー・ダンス」が最高!

ドラクエのコンサートには何度が行ったことがあるものの、定番の曲しか知りません。
「ジプシー・ダンス」は初めて聴く曲でしたがはまってしまいました。
いいではないですか。

音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
まるでホラーです。

娘が階段の上でふりかえり、角を見ているところは正に恐怖。
母親の顔がニュッと現れるのではないかとドキドキしました。

クライマックスは新築の赤ペンキ。
ダラッとしたかと思ったら、キュッと締めるメリハリのよさ。
演出が上手い!

第1話からずっと、娘の働く学校の描写はつまらない、と思っていましたが、ここで一気に巻き返しました。
公開授業(授業参観?)に現れる主人公の母親。
ヒ~ッ!!
先生の威厳がなくなるやないか~

今のところ、離れようとがんばっている娘ですが、まだまだママが一番。
彼次第でどうにかなりそうだけど
来週は母親が「ママと彼とどっちが大事」などとぬかしているし、前途多難ですね、こりゃ。

おばあちゃん、後悔しているわりには、母親本人をずけずけ貶すのはなぜ?
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
面白い!
あっちもこっちも大変なことなっていて、面白い!
って、どんだけ性格悪いねんっ!
リアルだわあ。

エリート一家にしては、あのマンションがしょぼい。
そして新たに購入する家(中古?)もいまいちしょぼい。
どーんとした豪邸ではないところが、これまたリアル。

塾長に完璧に洗脳されている息子はアホですか?
ネットでブラックと書かれているのに、まったく信用せず、ひたすら塾長ラブ。
浄水器の会社名がアクアなんちゃらとあったけれど、実在の会社からクレームはこないのでしょうか。

アホといえば娘も娘。
法事用の30万円を盗んで、それが見つかれば逆切れとは、親が甘やかしすぎですね。
代役の彼氏? の影が薄すぎて、イマイチぴんとこない。
やはり成宮君のほうがいいかな。

で、母は母でこれまた気の毒。
さすがに50代の裸はいりませんが……今度はホストクラブか……

そして父。
来週はビルの清掃員になるようです。
いゃ~面白い

って、ホンマ性格悪っ!

木村多江のねっちょり、べったりした女はぴか一ですね。
腹立つけど。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
生麩とゆばだけのお料理「むし養い」をいただいてきました。
元禄二年(1689年)創業、歴史のあるお店です。

五条大橋のすぐそば。


IMG_0414.jpg

おくどさんを右手に見ながら、靴を抜いで上がると正面に庭が
IMG_0412.jpg

庭に面した席もあるようですが、本日は一段上がった半個室のような席でした
IMG_0408.jpg

田楽、しぐれ煮、酢の物etc
IMG_0401.jpg

汲み上げ湯葉(冷たいです)
IMG_0403.jpg

揚げ物
IMG_0404.jpg

みぞれ椀
IMG_0405.jpg

白味噌仕立て
IMG_0409.jpg

3240円のコースのみです。

12月に予約を入れようとしたのですが、土日は全部満席。
リベンジのランチでした。

すべて生麩と湯葉でできたこの料理、むし養いどころか、お腹いっぱいになります。
お料理が運ばれてくるのが早くて、1時間ほどで食べ終わってしまいました。

個人的には田楽が一番おいしいかな。
野菜が食べたい、お造りが食べたい、肉がほしいなどと野暮なことを言ってはいけません。
生麩料理の醍醐味を味わっていただきたいものです。

くわしくはこちらを→半兵衛麩
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
独特の雰囲気です。
演奏シーンがたくさんあるので楽しみなドラマになりそう。

とにかくセリフが多い。
かけあいを楽しめればいいのでしょうが、しつこすぎて鼻につくところが難といえば難。
ま、脚本が坂元裕二さんなのだから仕方ないか。

レストランのオーナーは八木亜希子だったのね。
最初、内田有紀かと思いました。

息子を殺されたかもしれないと、嫁をあばくためのワナをしかける姑。
偶然の出会いではなく、すべて姑が雇った人たち。
サスペンスタッチで面白くなりそうです。

ドラクエの演奏、もっと聴きたかったな。

冬のドラマは豊作です。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
気になって気になって内容が入ってこなかった1時間でした。

浅野忠信の頭はあれで正解なのでしょうか。
植毛のような生え際。

中居くんがビストロSMAPでかぶっていたように、ヅラをドラマのときだけかぶっているとか?
マジックでなぞったような生え際は、限りなく植毛っぽい。

端役の医者の中にもひとりヅラが……
もうわざとですね。
ワザと面白がらせているのですね。
これはコントなのですね。

って、違うわっ!!

このドラマ、内容のわりに音楽が大げさすぎて、観ているこちらは引いてしまうばかり。

う~ん、来週は観ないかな。
いやいや、生え際確認でチャンネルを合わすかもです。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
いつも見逃してばっかり、久しぶりのNHKです。

面白いじゃないですか。
先日の「就活家族」とかぶるような家族設定です。
父親がリストラ寸前で会社にしがみついているのですが、一戸建ての家を新築している最中。
将来は娘夫婦と同居できるように設計しているとか、ああ、怖い怖い。

斉藤由貴と娘波瑠はまるで恋人同士のような甘い関係。
母親の思い通りに育った娘ですが、いつのまにかそのストレスからか娘の頭に10円ハゲが……。
母親自身も自分の母大空真弓との間に確執がある様子。
あんな元気なばあさんが施設に入っているのも、なんだかですが。

で、娘を心配するあまり、娘のデートをつけまわして観察する母でしたが、ついにそれが娘にバレました。
娘、娘の彼、母親の三角関係の始まり、始まり~

母親が趣味としているビスクドールがときどき登場するのもホラーっぽくていい感じ、

脚本は井上由美子さん。期待できます。

柳楽優弥、大きくなったなあ……しみじみ。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
予備知識なし、たまたまチャンネルを変えたら、ちょうど始まるところでした。
(モニタリングを続けて見ようかな、とんねるずにしようかな、と)

面白いではないですか。
ちょうど「フリーター、家を買う。」のような内容と家族構成。
長男が就活真っ最中ですが、おまけに父、母、姉の家族全員が就活をするというストーリーです。

今回のツボはなんといっても三浦友和のドラムでしょう。
タッキーのエアギターを彷彿とさせ、悲壮なシーンなのですが、観ているこちらはニヤけるばかり。
いや、だれかに見られたら相当恥ずかしいって。

頭取の息子のエピソードは韓国の財閥の娘息子を思い出させます。
で、あの嫌味な息子が音楽の道へ進むって……へっ?
突然のキャラ変わり。
ま、いいか。

家から30万円を盗み、男に貢ぐ長女。
就活塾の塾長にだまされ30万円を払う長男。
リストラ対象の女性社員にワナにはめられるお父さん。(あの同僚の男もグルね)

今のところ、教師の母黒木瞳だけは無事ですが、来週あたり……?
ま、4人も働けば、わずかな収入でも借金がなければ食べてはいけると思いますが。
一戸建ての家を購入してしまうのでしょうか。
それはそうと、あのマンション。
入り口のあたり、ただのハイツに見えたのですが、中は意外に広いのね。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
「かもめ食堂」
いまさらですが、huluの新着にあったので「かもめ食堂」を観ました。

たぶん自分には向いていないだろうな、と思いながらの視聴でしたが、そのとおりでした。
これといった事件もなく淡々と日常が流れるシーンばかりで、まったり好きにはぴったりかもしれません。

フィンランドの通り沿いにある食堂は、描いていた海辺の店のイメージと違っていました。
パスコのCMに惑わされたわ。

だれひとりお客の来ない店、そしてお客第一号には永久にコーヒー無料とは……(最初の一杯だけかと)
たまにプールでスイミングする主人公、住んでいる家もまあまあきれい。
ひょっとしてお嬢様?
そして客も来ないのに、ふたりの日本人を雇い入れる主人公。
どんだけリッチやねん! と突っ込んでおりましたが、いろいろ調べると5億円の宝くじに当たったとか。
それならそうと説明してくれないと、いらぬ心配をするではありませんか。

ラストでは繁盛したのでめでたしめでたし。

「デス・ロード 染血」
タイトルからして全く期待しませんでした。
しかしこれが意外にいい!
今の季節にピッタリといいましょうか、めちゃくちゃ寒くなりました。
タイトルの血なんて、全く出てきません。

デス・ロードはマッドマックスと勘違いされるのでは?
こんなセンスのないタイトルをつけたヤツ、出てこ~い!
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
先日行ったところのomoyaへ再び伺いました。
というのも、蔵をリフォームした個室がとても気に入ったからです。
5人以上なら利用できるのですが、本日は6人で小さな新年会をやりました。



お正月らしい生け花
IMG_0292.jpg

まだまだ余裕で座れます。
IMG_0291.jpg

前菜
IMG_0294.jpg

前菜
IMG_0297.jpg

ポタージュ
IMG_0298.jpg

魚料理
IMG_0299.jpg

肉料理
IMG_0300.jpg

デザート
IMG_0302.jpg

こちらは5000円のお正月コースです。
パン、ご飯とお味噌汁と漬物、コーヒーor紅茶がつきます。

和洋の創作料理なのでしょう。
ポタージュ以外、どれもいまいちピンとこないお味でした。
悲しいかな、お肉がかたい。

今回、味は二の次、場所で選びました。
雰囲気がいい、広い、騒いでも大丈夫。
この三点です。
ホテルでも、ここまで広い個室はなかなかないでしょう。

料理はあたりはずれがあるかもしれません。
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)

お節

2017/01/01 Sun 

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

さて、今年のお節ですが、
御所南にあるフレンチの店「restaurant DOLCH (ドルチ)」にお願いしました。

IMG_0277.jpg



このお店は以前一度だけ利用したことがあるのですが、これといって印象はありませんでした。
ただ、昨年は「ブランピエール」だったので、味比べということで数ある中からこちらを選んだしだいです。

味はまあまあ、肉系が多いように思いました。
ただ、紙のお重と仕切りがいまいち安っぽく見えたので、うちにあるお重に詰め替えました。

こちらは二段で二万円。
やっぱりお節って高いなあと、つくづく感じる年初めでした。
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |