都知事候補者

2016/06/28 Tue 

部下 隊長、お久しぶりで~す! あまりに久しぶりすぎて、自分の存在は忘れられたのではないかと思っておりますが。

隊長 いや、覚えておるわな。生きとったか。

部下 は、なんとかかんとか。では久々のイッパツ、かましてみたいと思います! 都知事候補のおひとりでいらっしゃるあのお方。ヅラであります!

隊長 え? どのお方?

部下 だからあ、あのボリューミイな七三分けのお方であります。不自然極まりない。

隊長 ああ、あれね。ハゲならハゲのままの舛添さんがなんだかすがすがしく感じるわい。

部下 あの方が都知事になられましたあかつきには、都民はいったい何を信じればいいのでしょう。

隊長 それをいうなら、沖○もな。政治活動にヅラなど関係ない。かぶっていようがなかろうが、都民のために一生懸命働いてくれればそれでいいのだ。

部下 ですよね。あれ? 隊長、増毛した?

隊長 うるさい! 増毛しようがしまいが、わが人生に悔いなし! 毛なしっ!
整形・ヅラ | コメント(0) | トラックバック(0)
マダムA  昨夜の「探偵ナイトスクープ」ご覧になりました? 私、つくづく思いましたわ。好きこそものの上手なれってね。

マダムB  はいはい、あの大衆演劇の子でしょ。素人なのに立ち回りがサマになっていてビックラこきました。じゃなくて、ビックラこいて……じゃなくて、ビックリこ……ま、どうでもええか。

マダムA  ちょっと教えてもらっただけで、飲み込みの早いこと。目から学んでいるのよね、あの子は。口で教えてもらう前に、十分目で学んでるから、覚えも早い。楽器もそうでしょう。習う前にいっぱい音楽を聴いて耳を養っておくとかね。

マダムB  そうそうも音楽家のお子さんは自然に音楽家になるもんね。先に目や耳で覚えるのは大事よね。って、何えらそうなことを言っているのかしら。トホホ
それよりビックラこ、じゃなくてビックリしたのは、あの座長、な、な、なんと21歳?

マダムA  ギョギョギョでしたわ。ありえません。あんな落ち着いた21歳、これまで生きてきて見たことがございません。

マダムB  大衆演劇ってものを一度見てみたいものですわ。

マダムA  はいはい、うちのババア、じゃなくて親戚のオバ様たちがたまに行っているみたいです。そりゃもう楽しいのなんのって、言ってました。

マダムB  う~ん、まだ、ちと恥ずかしいかも。

マダムA  奥様、十分大丈夫ですことよ。

テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

SP

2016/06/21 Tue 

舛添さんが登場するたびに気になる存在SP。

もしかしてカッコいい?
なんと、彼らは:警察官。
そりゃそうだ、セキュリティポリスなんだから。

いや、なんといいましょうか、じっくり見てみると、なるほどスタイルがよくて苦味ばしった顔がなんともセクシー。
身長173cm以上、柔道又は剣道3段以上、拳銃射撃上級、英会話ができることが必須条件とあるけれど、そこにルックスもプラスされているのでしょうか。

意識し出すと止まらない。
はげおやじをガードする男前に毎回目が釘付けです。
って、もう終わりだけれど……

一生に一度くらいSPに守られて、街を闊歩してみたいものです。
ま、寄ってくるのはティシュ配りの姉ちゃんか、美容院のチラシを渡す兄ちゃんくらいだけど。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
次から次と予測を裏切られ、ラストまで楽しめたドラマでした。

今回もまた名言の連続。

足りない頭で考えろ~!

腐れ夫婦が!

バ~カ!

バカが逃げた

君はホントにバカだ


とまあ、自他共にバカと認める幸平。

やはりマリアのてのひらで転がされていた、ということね。
みんな得をして唯一アンナだけが気の毒。

誘拐保険とはまた考えたものです。
学生時代にかけた海外の保険が、何十年もたった今も通用するってこと?
一生分の掛け金を一括で支払った?

マリアはずっとお向かいの家に監禁されているのかと思っていたら、いつのまにか自宅に戻っていました。
気づかなかったわ~

みんなが取り合うにしては2億円は微妙な額だけれど、ラストのオチで頷かざるを得ませんでした。
そら、16億やわ。
さすがマリア!

やけにミステリアスだったバーのマスター。
ミステリアスでもなんでもなかった。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
絶対に覚えられない店名「ザ  トリニティー  ステージ 」でランチをしました。
神宮丸太町を北へ
川端通りに面しています。

結婚式場なのですが、今年に入ってから、一般の食事もできるようになりました。

ステキなアプローチ
160612_1430~01

奥にはチャペルが
160612_1428~01

レストラン横にある中庭
160612_1425~01

レストランは二階にあります
IMG_6724.jpg

前菜
IMG_6718(1).jpg

スープ
IMG_6719(1).jpg

メインの魚
IMG_6720(1).jpg

メインの肉
IMG_6721(1).jpg

デザートその1
IMG_6730.jpg

デザートその2
IMG_6731.jpg

デザートその3
IMG_6732.jpg

プティフルのワゴン 
IMG_6733.jpg

プティフルは4種選べます
IMG_6734.jpg

こちらは一休で2800円のコースです。
メインは魚、鶏肉、牛肉と数種の中から選び、ヒレ肉とフォアグラのソテーは1000円アップ。
今回の鮮魚はタイでした。
これらの料理にスパークリングワイン、パン、コーヒーor紅茶がつきます。

リーズナブル!
このメニュー、この雰囲気で、この金額はありえません。

レストラン内は広く、となりのテーブルとの間隔があるので、話し声は気にならず、かといってシーンとしているわけでもなく、ほどよいざわめきが心地いい。
サービスの方の数も多く安心できます。

お料理はどてれもていねいに作られ、美味です。
またいつも多すぎてデザートまで食べきれないのですが、こちらのランチはちょうどいい量。
文句の多い同行者が大満足したレストランでした。

くわしくはこちら→ザ トリニティー ステージ アートグレイス ウエディングヒルズナイ
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)

『ゴーンガール』

2016/06/12 Sun 

ようやく観ることができました。

「僕のヤバイ妻」に似ているとのうわさ。
ドラマの一話を観たかぎりでは、そう言うのも無理もない。
設定がまるで同じでした。

ベッキーの謝罪会見のときの衣装もまた映画にそっくりだと言われていました。
いやあ、大きな勘違いをしていたわ。
謝罪会見がてっきり映画のラストだと思っていたのに……
あの方は主人公ではなかったのですね。

720x405-gone-girl-DF-01826cc_rgb.jpg


で、妻役の主人公。
姿を変えて身を隠すのですが、それがまた見事というか、別の女優? と思うほど別人になりきっています。
顔もしぐさも全然違う。

ラストは、う~ん、すっきりしません。
あの妻をなんとかギャフン(古っ!)と言わせたかったのですが、子供ができてしまった夫は、情けないことに夫婦であることを受け入れてしまいます。

ひたすら恐ろしい妻のお話でした。
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
え? もう終わり?
面白すぎて、時間のたつのが早い早い。
しかも来週が最終回って、いったいどんなラストになるのでしょう。

マリアが死ぬ、で、ジ、エンドか?

二億円をアンナにあげたということは、マリアはお金に執着していないのね。

佐々木蔵之介とその妻のために、マリアが動いているようなことを言っていたけど……
幸平が彼らに何かをやらかして、そのために妻が亡くなった?
マリアは復讐のつもりで幸平と結婚したが、そのうち愛するようになってしまった?

う~ん。
自分を犠牲にしてまで蔵之介夫妻のためにするとは考えづらい。

森の中で穴を掘るシーンで、さすがにアンナは死んだ、と思ったけれど、やられました~

ゆきちゃん家のシーンはまさにホラー。
マリアも怖いけれど、ゆきちゃんのプルプルも十分怖い。

とにかく、なにがなんだか、です。

いつも思うのですが、佐藤隆太の上司、若っ!
佐藤と同僚にしか見えないので、もう少し貫禄のある俳優にしてほしい。
って、今さらですが。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

『アウトキャスト』

2016/06/05 Sun 

『ウォーキング・デッド』の原作者と製作陣による新ドラマ『アウトキャスト』が始まりました。

期待しすぎたせいなのか「ふ~ん」という感想。
言うほど面白くない。
まだ一話目なのでなんとも言えないのですが、途中から居眠りしてしまっのたがそれを物語っています。

悪魔かあ……
日本人にとって、悪魔はイマイチぴんとこない。

出だしの子供が虫を食べるショッキングなシーンは引き付けられ、つかみは成功。
が、その後がダラダラ。

悪魔かあ……
あまり興味がないなあ。
めちゃくちゃ期待したのになあ。
残念っ!!

「ホームランド」3を観ているのですが、こちらも難しくて理解できない。
あれほど面白かったのに残念っ!

海外ドラマ | コメント(0) | トラックバック(0)
はい、みなさん、ごいっしょに

セ~フ

テレビの前のどれほどの人が唱和したことでしょう。
もうドキドキの晩餐会。
これってコメディですよね。

それにしても主役ふたりの演技がすばらしすぎる。
想像の中で妻を殺したときの幸平の笑顔、マリアの地味なガッツポーズ、そして脇役のゆきちゃんのうろたえぶり。
どれもこれも面白すぎる。
岩塩を使おうとする妻を怒鳴るところなんか、こっちがびっくりしてしまったわ。

やはり、今回の事件はすべてマリアが企てたことでした。
一筋縄ではいかない女で、期待を裏切りません。
ちょっと涙をみせるだけで、いつものようにヘナヘナとなってしまう幸平、ほんと、わかりやすい男です。
ファンになりそう。

ゆきちゃんが緒方を殺した?
どこにつながりが?
2億円ねらいとしても、「あんた関係ないし」と言いたい。
う~ん、ほかに事情があるのでしょうか。

さて、アンナが本当に死んだのかどうかが今回のなぞ。
今までの流れだとマリアは殺人を犯さない主義のようですが、あまりの嫉妬で邪魔者は消えてもらったのかもしれません。
宮迫はあれを血と嗅ぎ取ったのか、はたまたケチャップだったのか。
ケチャップにしては、顔が意味深すぎる~
宮迫の顔芸はおなかいっぱい。

早く早く来週になって~
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |