新町六角にあるフレンチレストラン「ラ・ポルト・ド・ヴェリテ」へ行ってきました。
歯科医院の地下というわかりにくい場所にあります。



実は一休で予約してから、いろいろと口コミを読んだところ、女性スタッフが怖い、上から目線、パンのお代わりを頼みにくい雰囲気、など、サービスがとても気持ちいいという意見とともに、マイナスの意見が目についてしまいました。
すぐにキャンセルを入れようとしたところ、日が近いためなのか、電話をしなければならず、気の弱い私はあきらめることに。

で、それなら、いっそこの目で確かめてやろうじゃないか。
ほんとにサービスが悪いのか……と気持ちを入れ替え前向きに。

一歩入って不安は吹き飛びました。
とても愛想のいい女性。
気配りもよく、気持ちのいいサービスをしていただきました。

お客さんの数によるのか、店内の半分は扉で仕切られ使われていませんでした。
その扉の前にコートかけが。
う~ん、マイナス10点。

オードブル
FullSizeRender(16).jpg

スープ
IMG_6516(1).png

魚料理
IMG_6517(1).png

肉料理
IMG_6518(1).png

デザート
FullSizeRender(20).jpg

こちらは一休で3500円のコースです。

・ スパークリングワイン
・ オードブル  シーフードのマリネ フレッシュハーブのサラダ添え  見た目が美しくたっぷり野菜と生魚が美味。
・ スープ  春キャベツのポタージュスープ  
・ 魚 スズキ
・ 肉 ももと胸肉の二種
・ デザート三種

これらにパンとコーヒーor紅茶がつきます。

とにかく量が多い。
オードブルから食べ応えがあり、スープでかなり満腹。
そこに結構な大きさのスズキ、そしてメインのチキンが二種。

ラストのデザートが食べきれませんでした。

お客さんの年齢層は高め。
静かでゆっくりと食事をすることができました。

コストパフォーマンスは高いほうではないでしょうか。
このあたり、駐車場はいくらでもあるので安心です。

くわしくはこちらをどうぞ→ラ ポルト ド ヴェリテ
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)
おもしろい!
あっという間の一時間でした。

ツボはやはり木村佳乃でしょうか。
声も顔も七変化。
ファッションだってとんでます。

警察に電話するときの脳天を突き抜けたような声。
夫に毒名を言うときのドスのきいた声。
夫が自分のもとに帰ってきてくれた、と悟ったときのはしゃぎっぷり。
裾が紺色のグラデーションになった変なコート。

夫の伊藤英明だって負けてはいません。
クズはクズだけど、どこかわかりやすくて可愛らしいクズ。
愛人の相武紗季もヒステリックにパスタを食べる様に、思わず「具なしナポリタン食べたい」

火事で後輩を殺したようですが、燃えてる最中なのに、死んだってわかるの?
どこか別の場所で殺したってこと?
協力者は佐々木蔵之介で二億円山分けか……。

展開が早くて、一時間にいろいろ詰め込んでいるものだから、これから先ネタがあるのか心配になります。
失速しませんように。

見所は主人公の目頭の切れ込みですね。
長っ!
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
京都市のおとなり長岡京市にある「いっぷく亭」にタケノコ料理を食べに行きました。
この周辺はタケノコの産地です。

光明寺のすぐそば。
駐車場は光明寺の参拝者用と共有です。

白子竹の子重膳(HPからお借りしました)
menu_img02.jpg

こちらのお膳は4600円(税別)
到着するとすぐにお料理すべてが並べられました。

木ノ芽和え、土佐煮、胡麻豆腐、天ぷら、タケノコ刺身、時雨煮、出巻玉子やえびなど。
とにかくタケノコづくしです。
それぞれがおいしく、特に熱々の天ぷらは絶品でした。
ただ、タケノコ御飯と若竹の吸物は後出しにしてほしかった。

畳にテーブル席の個室。
なぜかうす暗い。

店名と建物がそば屋? という感じなので、参拝者が軽く昼食をと思って入ると驚くかもしれません。

長岡天満宮の錦水亭も候補にあげていたのですが、評判を聞いてこちらにしました。

店名とロゴがイマイチかな。
ほっといてくれってか。
ですよね。

くわしくはこちらをどうぞ→ いっぷく亭
グルメ | コメント(2) | トラックバック(0)
ヒット、でました。

タイトルがいまいちでしたが、中身は充実。
好みのサスペンスです。

どんどん展開していくので、二時間ドラマかと思って番組表を見直したくらい。

木村佳乃の自作自演というのは、最初からわかっていたのですが、あの爪が出てきたときはさすがに「犯人は別にいる?」と思ってしまいました。
自分で剥がしたってこと?

あまりに外面がよすぎる妻。
隣人夫婦、後輩の男、義理家族など周りの人たちを味方につけて何をするつもり?
ただの復讐?

伊藤英明がかつぐ二億円があまりに重そうなのに、ドローンで軽々浮いたので、思わず二億円の重さとドローンの積載重量を調べてしまったわ。
すり替えたので納得でした。

バーのマスター佐々木蔵之介に、突然「これから貸切になります。ラストオーダーを」と言われた客。
普通ならキレるな。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
ANAクラウンプラザホテル内にある和食「雲海」へ行ってきました。
コージーはよく利用するのですが、和食は初めてです。

今回、一休から「個室確約」で4000円(税サービス込み)+ドリンク付きというお得なプランを予約しました。
ホテルで個室。
期待は高まります。

160416_1453~02

部屋はまるで旅館の入り口のよう
ぜいたくな空間
お殿様のような肘掛
160416_1334~01

八畳ほどの広さに床の間という本格的な和室です
160416_1334~02

前菜
160416_1339~01

吸物椀
160416_1347~01

向附
160416_1354~01

蓋物
160416_1404~01

ご飯 止椀
160416_1415~01

水菓子
160416_1438~01

・ 前菜  筍の木の芽和え、茶巾寿司、飯蛸甘煮など
・ 吸物椀  ごま豆腐の白味噌仕立て
・ 向附  鯛の昆布〆
・ 蓋物  筍とふき
・ ご飯  ちらし寿司
・ 止椀  吸物
・ 水菓子  白玉あずき  

一休でのプランとメニューがまったく違っていました。
しかも一品少ない。

味は可もなく不可もなくですが、4000円の価値はと聞かれると「う~ん」とうなってしまいます。

個室料、税サービス料、ドリンク料を合わせて1000円、料理が3000円でしょうか。
おお食いの私にとって、完食で腹七分でした。

さすがに器やサービスは完璧で、気持ちよく過ごすことができました。

くわしくはこちらをどうぞ→雲海
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)

『ラヴソング』第1話

2016/04/12 Tue 

声、低っ!

あのかわいい顔からあのオカリナのような低い声。
それにタバコをスパスパ。
似合わない~

最近のドラマでタバコのシーンはほとんど見かけなくなったのに、なんで若い女性たちがスパスパやっている?
女性社員たち、なんか品がないなあ。

で、福山さん。
結婚したとたん、女たちからの支持がここまで落ちるなんて。
オッサンとか、顔がたるんでいるとか……気持ちが悪いとか。

いやあ、女って怖いのね。

新人にしては、吃音という難しい役をうまくこなしていたと思います。
それほど下手とは思わなかったけれど、番宣でのふてぶてしい態度が気に入らなかったのか、彼女の評判はイマイチのよう。

まさか24歳差の恋があるとは思わないけど、月9ならやはりラブストーリー?
いやいや親子ですやん。
いくら福山さんが若く見えるからって、それはないわ。

施設で育った仲間って……そういえば昼ドラも養護施設出身でした。
家庭に恵まれない主人公だと話が作りやすいのね。

来週はどうしよあかなあ……ビミョー
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
シーズン6になってから、同じことの繰り返しで飽きていました。
途中、居眠りすることもしばしば。
だれかが、止められているにもかかわらずどこかへ行き、それを助けに行くという展開ばかり。
敵はゾンビではなく人間に。

もうリタイヤかも、と思っていたところに今回のラスト。
オールスターが集まったところで、史上最大の危機が訪れました。
いやあ、この状態で半年待ちですか。
もったいない。忘れてしまうではないですか。

シーズン6での一番の違和感はリックとミショーンのラブラブ。
ミショーンは戦士としてカッコいいのだから。彼女の女の顔を見たくはない。
リックもよくやるわ。
見たくなくて目をそむけてしまったわ。

で、ダリルにポワ~ン……です。
ダリル
海外ドラマ | コメント(0) | トラックバック(0)

倉敷へ

2016/04/03 Sun 

倉敷の美観地区へ行ってきました。

最初に目につくのがあの喫茶「エルグレコ」
160401_1344~01

160402_1018~01

花嫁もどんぶらこ
160402_1028~02

この「くらしき川舟流し」
予約はできず、出発ごとの販売とあったのに……
すべて予約で埋まっとるやないか~!
楽しみにしてたのに、腹立つ~!

クラシックな建物は観光案内所
160402_1029~01

アイビースクエア
160402_1046~01

アイビーはまだ枯れたまま、残念!

アイピースクエアの中にあるスポット(人があまりいない)
巨大なメタセコイアと教会と芝生と噴水
外国みたい
IMG_6431.jpg

夜はライトアップされ、派手ではないけれどなかなか風情があります。
IMG_6354.jpg

倉敷は、ずっと前に一度訪れたのですが、あるのは温かいお寿司を食べたという記憶だけ。
というわけで、今回初めてのようなものでした。

美観地区のステキな景色は「天皇の料理番」のロケ地だったのね。
外国人を含め、観光客の多い人気スポットです。
定番の大原美術館の他、いがらしゆみこ美術館、牡蠣スープの試飲、牡蠣せんべい(高い!)、蛸入りコロッケなどを楽しみました。

日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |