かんちがいアカデミー

2015/12/29 Tue 

今年もあと二日。
そろそろ恒例の発表の時期となりました。
が、ない!

見てみればカテゴリー「整形・ヅラ」の今年の記事はふたつだけ。

しかも、ヅラネタなのに〝隊長と部下〟ではなく〝マダムAB〟が登場しています。
なんでや。

部下 ひどい。どこかのオバハンがしゃしゃり出て、自分の出る幕ではありませんでした。

隊長 ああん? 何をしておったのか。このトウヘンボクが!

部下 オバハンが、オバハンが~!

隊長 うるさい! ヅラなどそこらへんにいくらでも転がっているではないか。

部下 はっ。それはそうなのですが、どいつもこいつも無名の方ばかりでして。この前は韓国に……そしてその前はアメリカの……

隊長 ここは日本じゃ。もうお前の言い訳など聞きとうないわ。

部下 あらん、そのツンデレがステキ。

隊長 なにい? ツルツルだとお? あ、かぶるの忘れてた。

隊長・部下 もうええわ!

ということで、今年もご訪問いただきありがとうございました。
来年はもっともっと充実した記事を書いてまいりたいと思います。

よいお年をお迎えくださいませ。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

今年の成果

2015/12/26 Sat 

文学賞に応募しては撃沈する日々を繰り返しております。

そんな中、だれも興味はないでしょうが、今年の成果を発表したいと思います。

・ 公募ガイド  佳作2編
           優秀賞1編 (たぶん今年)
・ 小説現代新人賞(講談社) 一次通過
・ オール読物新人賞(文芸春秋) 一次通過
・ 公募ガイド 最優秀賞
・ 北日本文学賞 二次通過
・ その他 婦人公論の読者手記  恥ずかしくて公表できません。

落選も数多くあります。
・ さばえ近松文学賞
・ 林芙美子文学賞
・ 藤本義一文学賞

100枚以内の短編は落選してもさほどショックはないのですが、300枚以上の長編だとさすがにきつい。
いったいどれだけの時間をかけたことか。
ということで、来年は長編は一回、あとは短編に応募したいと考えています。
ま、今年と同じペースでしょうか。

賞金1000万円の「江戸川乱歩賞」や1200万円の「このミステリーがすごい!」大賞や500万円の「松本清張賞」に興味はあるのですが、頭がついてこない。
ミステリーが書けたらどれほどいいでしょう。
ミステリー脳になりたい!

て言いながら、ただいまミステリーのプロットを考えております。
懲りないなあ。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

新「牡丹と薔薇」

2015/12/23 Wed 

バラ園のカフエをまかせてくれという女子大生。
なるほど、オシャレにリニューアルするため、これまではあえてモッサリ感を出していたのかと思ったら……

相変わらず統一感ゼロであちこちバラを飾っただけの安っぽいインテリアでした。

しかも弾き語りまであります。
♪ぼたんとバ~ラ~は~と歌いだす始末。

で、実の姉はそれを聴いて涙を流し、その場でへなへなと崩れ落ちる。

いやもうコントです。
嫌いじゃないです。

このドラマが昼ドラ最後ではなく、2月から始まる新作がラストのようです。

いっそのこと、やめないで続けてほしい。
いいとも→ごきげんよう→昼ドラ
という流れよ、戻ってこ~い!
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
フレンチ懐石「祇園おくむら」へ行ってきました。

縄手通りと花見小路の中間にある路地を北に入ってすぐの東側にあります。

FullSizeRender(13).jpg

一乗寺のお店はその昔行ったことがあるのですが、こちらは初めて。
期待は高まります。

カウンターの奥に坪庭が見える小さな部屋があります。
テーブル席3つのみ、
座席数は10席。
カウンター席はほとんど空いていましたが、テーブル席は満席でした。

ふたりならカウンターがいいのですが、やはりそれ以上となるとテーブル席でしょう。
三人でカウンターに座ったら、真ん中の人が大変。

前菜                     前菜
FullSizeRender(5).jpg
FullSizeRender(6).jpg


前菜                       魚
FullSizeRender(7).jpg
FullSizeRender(8).jpg


魚                      スープ
FullSizeRender(9).jpg
FullSizeRender(10).jpg


肉                     デザート
FullSizeRender(11).jpg
FullSizeRender(12).jpg



・ 前菜三品   高級おばんざいのようなものが一口サイズで数種
           なんやかやと入ったサラダ仕立て
           鯛のポン酢のようなもの

・ 魚料理二品  さわらのポワレ
           サーモンのなんちゃら

・ スープ     カボチャとベーコンの薫りのアワアワ

・ 肉料理     ステーキ

・  パン
   ご飯に赤だしとお漬物  OR  カレーライス

・ デザート    数種の中から選びます。
           本日は全部!

お昼は5940円(税、サービス込み)のコースのみです。

和洋折衷といいますか、和食色の濃いフレンチです。
たくさんの種類のお料理が出てきて、いつも文句の多い同伴者は大変気に入った様子でした。

お料理の説明は料理人がするのですが、聞いているふりをして頭に入ってきません。
早く食べたい。
ていうか、料理人がサービスをしている時点でサービス料10%はとりすぎではないでしょうか?
まあ、きちんとしていただいたのでいいのですが。

複数いるシェフたちみなさんお若い。
イケメンもいらっしゃいました……ってどこ見てるねん。

その昔、京都中に「おくむら」の名を轟かせていたころのことです。
まだまだ若かった私は一乗寺の店に初めて足を踏み入れました。
周りは大人、大人、大人。
大人の雰囲気にすっかり飲み込まれていたところ、フォアグラステーキが出てきて思わずのけぞりました。
ソースの中にGの子どもがいたのです。
カウンターの中のシェフに知らせると、皿をすぐに引っ込めて、新しいフォアグラを出してきました。
おいっ! ソースのなべに入っていたんとちがうんかい!
新しいのを出してもGのエキスが入ってるわっ!

レジで無料になるかと期待したけれど、しっかりと払わされました。
そんな懐かしい思い出のある「おくむら」
ずっと敬遠していたけれど、やっと水に流すときがきました。

って、だれも覚えてないっちゅうの!

どれもおいしくいただきました。
ただ、赤だしがぬるかったのが残念!

客の年齢層は高く、といっても気取った雰囲気ではなく、大人のカジュアルなお店というところでしょうか。

くわしくはこちら→ 祇園おくむら
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)

パクリ2

2015/12/19 Sat 

知っている人にしたら、何をいまさらですよね。

衝撃的でした。
だって知らなかったんだも~ん(きもっ!)



先日「踊る大捜査線のテーマ曲、なかなかうまく作っているね」と話していたところのこれ。

日本人のセンスと違うもの。
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
『遺産争族』第9話(最終回)

なにがなんだかわからないまま最終回。
ほんと、セリフのいちいちが理解できませんでした。
おちょくってる?

最初は面白かったのになあ……。

意味ありげな主人公、その父親、クラブのママ。
「ママの子は岸部の子」らしき場面があったような、なかったような。
結局、すべてなにもなかったってことでしょうか。

こちらが深読みしすぎたのか、それほど濃いお話ではなく、役者の演技が光るだけの薄いストーリーだったのね。

火事を起こした家に近所の人たちがおしかけて「片付けろ」はさすがにない。
お見舞いして、お手伝いこそすれ、あれはないわ~
大火事なのに消防車は水を出してないし、その後のリビングはきれいなままだし、ボヤ扱いみたいだし。

脚本も演出もすべてが雑でした。

やはりコメディだったのね。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)

三次選考結果

2015/12/17 Thu 

北日本文学賞の三次選考結果が今朝発表されました。

ガガ~ン!
名前がない、ない、ない~!

二次通過して浮かれていたところ、奈落の底へ突き落とされました(当たり前田のクラッカー……って、ふるっ!)

毎週発表されるというので、先週の土曜日は何度もサイトを見に行ったのですが、発表されない。
その後も気配がなく、これはもう今週の土曜日まで待たなければと思っていたら、な、な、なんと、今朝の発表というわけです。

焦らすのね。

979編→401編→199編→50編

インタビューのために美容院へ行って、洋服買って、エステして、部屋を掃除して、待っていたのに……(うそです)

ペンネームで書いているのに、ここは本名も年齢も写真も出てしまうという拷問があります。
ペンネームなのに本名が出るって……余計な心配でした。

たった30枚で100万円の道のりは遠くて険しいものでした、はい。
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

パクリ

2015/12/15 Tue 

ミスチルの「抱きしめたい」と平浩二の「ぬくもり」の歌詞が同じだと話題になっています。

なになに?

ミスチル ♪霧雨けむる静かな夜
平     ♪霧雨の降る輝く夜

違いはこれだけで、あとはほぼ一致。

霧雨が降ってたら、輝かんやろ~!
イメージできないわっ!

霧雨の中、車のヘッドライトが輝いてる?
ネオン? イルミネーション?

作詞家のおばちゃん、「ミスチルの曲は知らない」では済ませられんよ~

平浩二って「バスストップ」の人ですよね。
もう昔の人というイメージですが、新曲を出していることに驚きです。

個人的に朝っぱらから興味深いネタでした。
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)

どうでもええヅラ

2015/12/12 Sat 

マダムA  超有名な元サッ○ー選手。目が点になりましたわ。

マダムB  意外に若いので驚き。

マダムA  それじゃないわよ。かぶっていたじゃない。ちょこんとアレがのっていて、額から浮き上がっておりました。

マダムB  そうそう、浮いていた。それに知ってる顔と全然違ったわ。名前を聞かないとだれだかわからないくらい。

マダムA  まさかの整形&ヅラ?

マダムB  いや、さすがにそれはないと思うけど、注入くらいはしているかもね。

マダムA  おじさんのヅラなんてどうでもいいわ!

マダムB  はい、どうでもええヅラ。
整形・ヅラ | コメント(3) | トラックバック(0)

『遺産争族』第8話

2015/12/11 Fri 

『遺産争族』第8話

来週が最終回。
はやっ!

どういうわけか、毎回チャンネルは合わせているのですが、途中で居眠りをしてしまいます。
こたつのせいかな。

向井は腹黒ではなさそうなところで今回は終了。
相続で壊れた家族を再生させるために、自ら悪役になったってこと?

そんなやつおらんやろ~

って、彼のキャラならやっぱりいい人で終わるのでしょうか。
う~ん、もうひとひねりほしいところです。

ところであのお屋敷。
建物は立派なのに、前庭がイマイチです。
安物のラティスや小さな植木鉢の数々が、せっかくのお屋敷を貧相に見せています。

そんなことよりお昼の「牡丹と薔薇」をつっこみたい。
役者の演技がすごすぎて、どうにもこうにもついていけません。
特に父親の演技。
そしてあのヘアースタイル。
昨日はもみあげがカールしていて、思わず釘付けになってしまいました。

そしてこちらも安っぽいバラ園の店。
あちこちに花を置いていてまとまりがない。
もう少し高級店に見えるようなインテリアにしてあげて~

ああ、もっとツッコミたい!
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
ビストロ風フレンチレストランのフォーチュンガーデンキョウトへ行ってきました。
京都市役所の北側、河原町通りに面しています。

島津製作所旧本社ビルです。
クラシカルな雰囲気がステキなこの建物には結婚式場もあり、今若い人に人気のようです。
ここができた時から気になっていたのですが、土日はいつも満席。
本日、たまたま14時の部が空いていて、一休から予約することができました。

151205_1528~01

今日も結婚式があるようで、式が始まるまでお茶をしている人達で店内は大にぎわい。
庭の見えるテラス席は参列者の待合室となって、一般客は使用不可でした。
ああ、残念!

入り口にはツリーが。
151205_1527~01

お客さんが式に出払った隙を狙って。
151205_1429~01

扉の向こうがテラス席。竹林になった庭がかすかに見える程度でした。
151205_1428~01


サラダ                   スープ
151205_1420~02
151205_1429~02


メイン                  デザート
151205_1440~01
151205_1508~01


■レンズ豆のサラダ  量が多く、食べ応えあり。

■サツマイモのポタージュ  甘くておいしい。
 
■メインディッシュ  どちらか一品
・真鯛のポワレ ピペラードソース バスク風   これも大きな身で食べ応えがありました。
・骨付き鶏もも肉のロースト キノコクリームソース
 
■パン  いまいち。バターつけて~
 
■デザート6種より2品選びます。
・マチェドニア
・リオレ 塩キャラメルソース
・リコッタチーズのタルト
・クレームキャラメル
・マロンムース ジャスミンの香り
・ジェラート盛り合わせ

これに飲み物andコーヒーor紅茶がついて、一休で2500円のコースです。

建物はステキ。
ジャズの流れる雰囲気はよし。
サービスもそこそこ。
味もビストロと思えばそこそこ。
デザートの量はハンパない。とってもデリシャス。

ただ、にぎやかすぎて、ゆっくりできる雰囲気ではありません。
天井のシーリングファンがぐるぐると回っていてせわしない。
目が回る。
静かに食事をしたい人には不向きでしょう。

スタッフそれぞれが大声で「Yes!」と言っていたような(言わされてるのね)
楽しいっちゃあ、楽しい。
同じ系列のTHE SODOH HIGASHIYAMA KYOTOと比べると味はこちらのほうが上です。
ソードーも雰囲気はステキでした。


くわしくはこちらをどうぞ→ フォーチュンガーデン京都
グルメ | コメント(0) | トラックバック(0)

「牡丹と薔薇」

2015/12/01 Tue 

最後の昼ドラとなる「牡丹と薔薇」が始まりました。

とばす、とばす。
みなテンション高い
あっちもこっちも大暴れ。

セリフは下品。
やっていることも下品の極み。

ああ、これがもうなくなってしまうなんて、もったいない!

ボタンとば~らは~♪ どちらがきれい~♪
と、あのころ、昭和の香るメロディを何度もくちずさんだものです。

今回のリメイク版には挿入歌があるのでしょうか。

女優の母親なんて、前のドラマであった?
ストーリーはすっかり忘れてしまっているので、新たな気持ちで観られそう。

気取らなくていい。究極のもっさり感。くっさい演技。だっさいセリフ。
「これぞ昼ドラ!」
有終の美を飾ってほしい。
テレビ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |